007「スペクター」が最高でした。ボンドよ幸せに。

スポンサーリンク

大好きな007シリースの最新作である、
スペクターを観てきました!

007シリーズにはつきものの、1回観ただけでは簡単には理解できない難しい内容でした。
曖昧な記憶をたどりながらもう一度映画の内容を理解しようと努力すると、
あれ?これ最高の映画やん!という結論になりました。

ネタバレを含むので、ネタバレが嫌な人はこの記事は読まないでくださいね。

スポンサーリンク

007スペクター

予告編からワクワク感が伝わりますね。
今年はターミネーター、ミッションインポッシブル、そして007と大好きな映画が沢山上映されたので幸せでした。

今年の僕の最後の映画を飾るのはもちろんスターウォーズです。

ストーリー

少年時代を過ごした ”スカイフォール” で焼け残った写真を受け取ったボンド (ダニエル・クレイグ)。その写真に隠された謎に迫るべく、M (レイフ・ファインズ) の制止を振り切り単独でメキシコ、ローマへと赴く。そこでボンドは殺害された悪名高い犯罪者の元妻であるルチア・スキアラ (モニカ・ベルッチ) と出逢い、悪の組織スペクターの存在をつきとめる。

その頃、ロンドンでは国家安全保障局の新しいトップ、マックス・デンビ (アンドリュー・スコット) がボンドの行動に疑問を抱き、Mが率いるMI6の存在意義を問い始めていた。ボンドは秘かにマネーペニー (ナオミ・ハリス) やQ(ベン・ウィショー)の協力を得つつ、スペクター解明のてがかりとなるかもしれないボンドの旧敵、Mr. ホワイト (イェスパー・クリステンセン) の娘マドレーヌ・スワン (レア・セドゥ) を追う。

死闘を繰り広げながらスペクターの核心部分へと迫る中、ボンドは追い求めてきた敵と自分自身の恐るべき関係を知ることになる-。

やっぱりかっこいいよダニエル・クレイグ

相変わらずダニエル・クレイグかっこ良すぎ。

http://www.007.com/spectre/?lang=ja

http://www.007.com/spectre/?lang=ja

金髪ボンドももう見慣れましたね〜。
ボンド役=ピアース・ブロスナンのイメージは完全になくなりました。

2人の美女ボンドガール

モニカ・ベルッチ

50歳のモニカ・ベルッチが歴代最年長のボンドガールを演じました。

http://www.007.com/spectre/?lang=ja

http://www.007.com/spectre/?lang=ja

50歳とは思えない美人さ!
さすがモニカ・ベルッチ!

レア・セドゥ

http://www.007.com/spectre/?lang=ja

http://www.007.com/spectre/?lang=ja

ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコルにも出演していた、最近注目の女優さんですね。
素晴らしいボンドガールを熱演していました。

余談ですが、「アデル、ブルーは熱い色」で素晴らしい演技をされており、女優魂を感じました。
この映画では、日本の女優なら絶対にしないような過激な役を演じていました。

http://www.007.com/spectre/キャスト&スタッフ-ja/?lang=ja

http://www.007.com/spectre/キャスト&スタッフ-ja/?lang=ja

なんと今回の敵は、ボンドの義理の兄なのでした。

まじかい・・・。僕は映画を見ながら驚きを隠せなかったです。
兄が世界を牛耳る悪役、弟は世界を危機から救うヒーロー。

007ってそんなアニメ的な設定だったの?とここだけは少しがっかりなのでした。

いや、でも今回の007は悪役に焦点を当てるというよりは、ボンドの生き方に焦点を当てていると思うんです。

ボンドよ幸せに

ダニエル・クレイグが演じるボンドという一人の男に焦点を当ててみます。

カジノ・ロワイヤル

第1作目の「カジノ・ロワイヤル」では、
ジェームズ・ボンドというスパイが、ボンドの唯一愛した女性である
ヴェスパーとの悲劇により生まれたことを描いていました。

慰めの報酬

2作目の「慰めの報酬」では、ヴェスパーの復讐に燃えるボンドが、
同じく復讐のためだけに生きるカミーユと出会い、
彼女の姿から復讐の果てには虚無しかないことに気づき、
彼なりのスパイとしての生き方を見つける姿を描いていました。

そして3作目「スカイフォール」では、ボンドの上司であるMを失います。
Mに自分という存在が必要とされていたことを知り、スパイとしての生き方に
自己肯定感が生まれます。このMからの頼みごとで4作目へと発展するのでした。

 

そしてここで、ボンドはようやく自分の人生に必要なモノに気づくのでした。
すべての因縁にケリをつけることができたし、そして大切な人も見つけることができたのでした。

僕個人としての感想ですが、とてもよい映画でした。
これでダニエル・クレイグとしてのボンドは終わりなのでしょう。

音楽

007スペクターに使われていた曲がとても印象に残っていたので、調べてみたら、
なんと全英シングルチャートで初登場1位を記録しているのです。

007の主題歌が全英1位を取るのは初の快挙だとか。

でもそれくらい素晴らしく耳に残る曲だったと思います。
youtubeで探したらありました。
Sam Smith – Writing’s On The Wall 

歌声すごすぎる・・・これが歌唱力ってやつか。

SNSでもご購読できます。