So-netの0SIMをiPhoneで設定し、500MB未満に抑えるためのアプリの導入方法

スポンサーリンク

500MBまでなら無料で使えるSo-netの0sim。

正直な話、神サービスだと思っています。

さてさて、そんな神サービスを使おうと思いましたが、simカードをiPhoneに差し込めばすぐ利用できるわけではありません。

ちょっとした設定が必要なので、その方法を備忘録的に記事に残します。ついでに私が使っている通信量を測定するお勧めのアプリもご紹介します。

(追記:利用者が増えて通信速度が重くなってきました・・・。神サービスではなくなっています)

スポンサーリンク

0simをiPhoneに設定する方法

「0simってなに?」という方は、昔の記事で簡単にまとめていますので、参考にしてください。→So-netの0SIMを半年間利用して気づいたメリット・デメリット

0simをiPhoneで利用するには、simのサイズはnano simになります。

それとドコモ端末か、SIMロックフリー端末でないと0simは利用できませんのでご注意ください。

APN構成プロファイルをインストールする

0simをiPhoneにセットしたならば、APN構成プロファイルをインストールします。

「APN構成プロファイル・・・よく分からない・・・」と、私も思いました。

ただ、マニュアル通りにやれば全然大丈夫なのでサクサク進みましょう!

とりあえずマニュアルのリンクを貼っておきます→0SIM by So-net ご利用マニュアル(http://mobile.nuro.jp/0sim/pdf/sonet_sim_manual.pdf)

んで、APN構成プロファイルをどこからインストールするかというと、

→http://www.so-net.ne.jp/retail/i/

上のリンクからインストールします。

0sim iPhone設定

上のリンクに行くと、自動にこの画面に切り替わりますので、切り替わったら右上にある『インストール』をタップします。

0sim iPhone設定

iPhoneに設定しているパスコードを入力します。

0sim iPhone設定

承諾画面が表示されるので、『次へ』をタップ。

0sim iPhone設定

警告画面が表示されます。問題がなければ右上の『インストール』をタップします。

0sim iPhone設定

インストールが完了したら右上の「完了」をタップします。

これでdocomoのLTEに自動につながるようになります(`・ω・´)”

お疲れ様でした!

通信料を500MBに抑えるための一工夫

500MBを超えると100MBごとに100円(税抜き)がかかってしまいます。

どうせなら0円で運用したいですよね?ということで通信料を500MBに抑えるための一工夫をしましょう!

私は通信料チェッカーといアプリを使っています。

これを使って、はじめのうちはチョクチョクとデータ通信を気にしてみてください。すぐに「あ、このアプリってこんなにデータを食うんだ!」というのが分かると思います。

データをどか食いするアプリはWi-Fi環境で使い、4G環境化ではメールチェック、ツイッター、マップ、くらいにしておけば1月に500MBも使わないはずです。

通信量チェッカー – InnoX Co.,Ltd.

通信料チェッカー

画面はこんな感じになります〜。

下に広告が入りますが気にならない程度なので、とっても使いやすいと思います。

オススメです

追記:0simが重くなりまくりな件

0simの利用者が増えて、回線速度が超重くなっています・・・。ここ1年以上ずっと重いです・・・。(2018年1月)

まともに利用できないくらいです(´・ω・)

ですので、ストレスを感じたくない方は他のSIMカードを利用した方がいいかと。

他の格安SIMならmineoかIIJmioがいいかなーと思いますので、下記の記事を参考にしてみてください。

コメントを残す