「定年を69歳に引き上げ」、ドイツ連銀の提言で大論争にを読んで

スポンサーリンク
「定年を69歳に引き上げ」、ドイツ連銀の提言で大論争に
【8月21日 AFP】急速に高齢化が進む欧州一の経済大国ドイツで、ドイツ連邦銀行(Bundesbank、中央銀行)が退職年齢を69歳に引き上げるよう提言したことから、国内で激しい論争が再燃している。

そもそも昔は働けるまで、働くっていう時代だった。当時は多くの仕事が工場のような誰でもできる仕事ってわけではなかったし、「やりがい」というものがあった。今ではほぼすべての作業はマニュアル化され、誰がやってもでき、自分を機械の一部とするような仕事だらけになった。こうしたことからも仕事=つまらない、問いう価値観が生まれ、早く仕事を辞めて定年でのんびり暮らしたいという思想が出てきたはず。

歳を取ってもカッコよく生きるためには、何からしら仕事はしてた方がいいんだよね。家でテレビ見てゴロゴロするだけの人生は、体も弱るし、脳も弱る。

日本でも早く導入するべき。もちろん、全員強制的に働けではなく、まずは働きたい人からで。