小池都知事が給料半額の改正案を出す理由

小池知事給料半額
スポンサーリンク

本日も「Gallagher Note」をお読みいただきありがとうございます。
こんにちは、福山です。

小池都知事がやろうとしている大改革の1つに、都知事の月給ボーナスを半分にする条例改正案というものがあります。何故こんなことをするのか?橋下×羽鳥の番組で取り上げていたので、備忘録的に残します。

スポンサーリンク

小池都知事はなぜ給料半額の条例改正案を提出するのか?

都知事の年収 都議会議員の年収
約2869万円 約1700万円

都議会議員の方が1000万円くらい都知事よりやすいように見えますが、都議会銀には政務活動費として年間720万円支給されます。1700万円+720万円=2420万円となります。

しかし、都知事の月給ボーナスを半分にする条例改正案が通過した場合、都知事の年収は約1448万円になります。つまり都議会議員の方が都知事よりも約1000万円多くなるのです!

橋下さんがいうには、都議会議員は全国の地方議会の中でも特権があり、都議会の議長は年間1000万円の交際費があるそうです。都議会議員の公用車も23台あり、なんと議会に出ると1日1万円が支給されるとか。

つまり小池さんがやりたいことは・・・

私の給料半分にするから、都議会議員ももっと安くていいでしょ?

ということです。

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”c2.jpg” name=”大卒フリーターの猫田 さん”] 小池さんかっこいいです。リスペクトっす。 [/speech_bubble] 

橋下さんが知事の時はまず自分の給料を削って、次に公務員の給料を削りに行きました。しかし、小池さんは「都庁の給料は削らないから安心して働いてね」と。

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”c2.jpg” name=”大卒フリーターの猫田 さん”] マネジメントすごい!小池さん支持率が80%あるのも納得。 [/speech_bubble] 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*