【個人治療歴を一元管理】20年度からってまだまだやね。

治療履歴のデータベース化

本日も「Gallagher Note」をお読みいただきありがとうございます。
こんにちは、福山です。

医療の大きな無駄を省くための第一歩がようやく始まりそうです。と言っても20年度から・・・って遅いよねぇ。

毎日新聞で取り上げていたことを備忘録的に記事に残します。

リンク→個人治療歴を一元管理 医療効率化 20年度から

個人治療のデータベース化

厚労省は提言を受け、データベースを「PeOPLe(ピープル)」(仮称)と名付け、20年度の運用開始を目指す方針を決めた。過去の病歴や薬の使用状況、健診の結果、介護の必要性などの情報が共有されれば、かかりつけ医以外の医療機関に搬送された場合に適切な治療を受けられたり、同じ薬の重複投与を避けられたりする。高齢化が進む中、地域の医療・介護の連携や災害時の治療、本人の健康管理などにも役立てられると期待される。

 また、集まったデータを匿名化して分析し、病気の原因解明や医薬品の安全対策、効率的な医療の実現などにも役立てる計画だ。

ようやく重い腰を持ち上げたってところですね。

今の病院の制度だと、個人の情報はその病院のみで管理していることになります。だから、病院を変えるごとに同じような検査をしなくてはなりません。

治療情報を共有することで、そういう無駄を省くことができますね。

まぁ病院側からしたら検査費用として今まで患者から取っていたお金が減るので、嬉しくはないでしょうが。

情報を共有することのメリットをあげると

  • 同じ検査を受けなくて良いので負担減
  • 薬アレルギーが記録されるので投薬状のミスを減らせる
  • 医療機関が異なっても病歴・治療歴をいちいち医者に説明しなくても良い

などですね。

情報共有されることで、患者への薬の大量投与が減るんじゃないかなと思っています。無駄に薬を処方することで、お金を稼いでいる医師がいるのも事実です。こういう情報が共有されることで、「あれ?あの医者は薬渡しすぎじゃない?」となって、ダメな医者は徐々に減っていくと思います。

このサイトでは何度も言っていますが、「副作用のない薬はない」のですから。できるだけ薬は飲まない方が健康的です。ちょっと風邪引いたからって、病院に行って薬をもらうのはやめましょうね〜。自分の体にも悪いし、社会保障的にもよくないことですから。

 

「へ〜」と思ったら
「いいね!」お願いします

SNSでもご購読できます。

運営者:福山和寿

犬好きのアラサー男子。

モットーはだらけきった正義。
趣味はまったり読書、そわそわテニス観戦、適度な筋トレ。
将来の子どもたちのために何かできることはないかと模索中です。

サイトの内容を分けることにして、子どもの教育に関するサイトと、健康に関するサイトを新しく作りました。

 

記事によって「である調」や「ですます調」になっていますが、気分によって使い分けているだけなので、あまり気にせず読んでいただければと思います。

 

特定商取引に関する表示

コメントを残す

*