ここまで来たか!近赤外光線免疫治療法

近赤外線治療 がん細胞
スポンサーリンク

本日も「Gallagher Note」をお読みいただきありがとうございます。
こんにちは、福山です。

僕が大学院の頃、がん治療のアプローチの面白い論文を読みました。確かネイチャーだったはずですが、赤外線か紫外線だかをがん細胞に当てて、がん細胞を死滅させるという論文でした。当時の僕としては「スッゲー、こんなことできるようになったら超すごいやん!」とか思ってたのですが、どんどん現実味を帯びて来ています。科学の進化は日進月歩と言いますが、これもまさにそれです。

スポンサーリンク

リンク→近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す ――米国立がん研究所(NCI)の日本人研究者が開発した驚きの治療とは

近赤外光線免疫治療法

がん治療には大きく分けて3つあります。

  • 外科手術
  • 放射線療法
  • 化学療法

外科手術はがんをすべて取り除くのは困難ですし、放射線や化学療法では副作用の問題が大きいです。多くの場合はこれらの組み合わせで治療が行われますが、がんの根治はなかなかできていません。

そんな中、日本人の小林久隆さんが研究している「近赤外光線免疫治療法」が注目されています。

小林 この治療法は、がん細胞だけに特異的に結合する抗体を利用します。その抗体に、近赤外線によって化学反応を起こす物質(IR700)を付け、静脈注射で体内に入れます。抗体はがん細胞に届いて結合するので、そこに近赤外線の光を照射すると、化学反応を起こしてがん細胞を破壊します。

近赤外線は、波長が可視光と赤外線の中間に位置する光です。治療には近赤外線のうち、波長がもっとも短く(700ナノメートル:nm、1nmは10億分の1メートル)エネルギーが高い光を使います。IR700はフタロシアニンという色素で、波長700nmの近赤外線のエネルギーを吸収する性質を持っています。その化学反応で変化したIR700ががん細胞の膜にある抗体の結合したたんぱく質を変性させ、細胞膜の機能を失わせることによって1~2分という極めて短時間でがん細胞を破壊します。その様子を顕微鏡で見ると、近赤外線の当たったがん細胞だけが風船がはじけるようにポンポンと破裂していく感じです。

簡単に言っちゃうと、がん細胞に近赤外線を受けて熱を発する抗体をつけて、そこに近赤外線を当ててがん細胞を殺しちゃうのです。

小林 この治療法には、ほぼ副作用はなく、安全性が確認されています。これはとても重要なポイントです。
そもそもがん以外の正常細胞には抗体が結合しないので、近赤外線が当たっても害はありません。また抗体が結合したがん細胞でも、この特殊な近赤外光が当たらなければ破壊されません。つまり抗体が結合して、かつ光が当たったがん細胞だけを破壊するという高い選択性を持つ治療法なのです。これほど選択性が高いがんの治療法は過去にありませんでした。

すごいところが副作用がほとんどないってことです。じゃあこの素晴らしい技術はいつできるの?って話ですが、

30〜40人の患者を対象に治療効果を調べるフェーズ2に入っているそうです。

だから小林さんは2〜3年後に実用化する計画らしいです。

まだまだ患者の対象数が少ないこと、それとまだフェーズ2の段階なのでなんとも言えませんが、とても魅力的な治療法だと思います。皮膚ガンとか体の表面にあるがんに対しては近赤外線を当てることは簡単そうですが、体の内部にあるがんに近赤外線を当てるのが難しそうですよね。

  • 治療が簡単
  • 副作用ほぼなし
  • 治療費が安い

実現すればこの魅力的な3点セット。これは製薬会社などの既得権益を持ってるところからの反発がやばそうだね〜。

この研究の面白いところがもう一つあります。

もう1つは、昨年パテントを申請し、今年8月に論文として発表したばかりですが、がん細胞を直接壊すのではなく、がん細胞の近くにいる免疫細胞ががん細胞を攻撃することを邪魔している免疫抑制細胞の中で主要な細胞である制御性T細胞を叩く方法です。この方法では、IR700を付けた抗体を制御性T細胞に結合させ、近赤外線を当てて壊します。するとがん細胞の近くにいる免疫細胞は邪魔者がいなくなるので直ちに「OFF」から「ON」に切り替わり、数十分のうちに活性化してがん細胞を壊します。さらに血流に乗って全身を巡り、わずか数時間のうちに転移がんを攻撃し始めます。がん腫瘍内にいる免疫細胞はほとんどすべて、がん細胞のみを攻撃するように教育されており、免疫の効きすぎが原因になる自己免疫疾患のような従来の免疫治療で起こる副作用は起きないので安心です。

制御性T細胞にも抗体をつけて同じように壊しちゃうのですね。これで転移がん細胞についても攻撃できるようになります。2つのアプローチからがん細胞をやっつけるんですね。

この研究に対して僕が気になるところは

  • すべてのがん細胞に抗体がちゃんとくっつくの?

です。

がん細胞といっても、がんができる場所によってがん細胞の性質は異なります。だから抗体ががんにちゃんとくっついてくれるかどうかは微妙な気がするんですよね。この辺りはもちろん考えられていることなので、どうなってるのか気になりますね〜。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*