政府がクレジットカード手数料を下げろと要請しているけど、これって民間企業に口出ししすぎじゃない?

スポンサーリンク

お店を経営している人にとっては朗報な話です。消費税の増税に伴い、ポイントを消費者に還元する景気対策として、クレジットカード会社に「手数料を下げろや!」と要請しているそうな。

まー、キャッシュレスの動きが加速するという意味では、いたるところでメリットがありそうな話。

 

でもクレジットカード会社からしたら「は??」みたいな話。

 

 公共財である電波を利用している大手携帯キャリア会社と違って、ガチの民間企業に政府が口出していいものなのでしょうか・・・・。しかも増税を理由にって・・・。

 

増税する前に公務員の給料を削りましょうや。自分の身を切らずに民間に口出しするのはおかしいでしょうに。AIやロボットを導入して効率化が行き届いてない役所の生産性を上げていきましょうや。それだけでもクソみたいに払ってる残業代が減りますよーっと。

 

クレジットカードの手数料は確かに高い。でもそれに政府が口出していいかは別の話ですわなー。

コメント