百十四銀行のセクハラ防げなかった問題について

スポンサーリンク

このページでは日々起こる不祥事のニュースをまとめていくページになります。本当はそんな悲しいニュースをまとめたくないのですが、過去を忘れないため、過去から学ぶため、自戒を込めてまとめていくことにしております。

 

取引先の会食に連れて行った女性行員二人がセクハラされていたけれど、それを止めなかったとして百十四銀行の頭取が謝っておりました。そして、相談役がそれを防げなかったとかで辞任したそうな。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181110-OYT1T50056.html

詳しい情報があまりないので、なんとも言えませんが、どういう会食だったんですかねぇ。

お探しのページが見つかりませんでした | 福井新聞
百十四銀前会長、高松商議所会頭 辞任へ
百十四銀行の綾田裕次郎頭取は9日開いた記者会見で、渡辺智樹前会長が高松商工会議所の会頭職を辞任する意向であることを明らかにした。渡辺氏は2月の取引先との会合で、同席させた女性行員に対する取引先の不適

まぁなんにせよ、女性行員が担当でなかったにも関わらず会食に同席させられたらしいので、女性のそういう使い方はよくないですなー。

 

なぜ頭のいい人までもが不正や隠蔽などを起こしてしまうのでしょうか?現代に起こる“悪”を鋭く分析したのがハンナ・アーレントだと思います。アーレントが言うように「悪の凡庸さ」が、今の時代の悪を表していると思います。人が悪に染まる理由についてはこちらの記事で書いています→なぜ人は悪に染まるのか?アーレントとアイヒマンから学ぶ

コメント