外国人材法案が衆院通過、参議院へとのこと

スポンサーリンク

外国人材法案が衆院通過、参議院へとのことです。

エラー|NHK NEWS WEB

 

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/gaikokujinzai/kaigi/dai2/siryou2.pdf

 

法案は、来年4月からの外国人材の受け入れ拡大に向け、「特定技能」の「1号」と「2号」という新たな在留資格を設けるものです。

「特定技能1号」は、特定の分野で、相当程度の技能を持つと認められた外国人に与えられ、在留期間は、最長で通算5年で、家族の同伴は認めないとしています。また、「特定技能2号」は、「1号」を上回る「熟練した技能」を持つと認められた外国人に与えられ、在留期間に上限を設けず、長期の滞在や家族の同伴も可能になるとしています。

受け入れ分野はまだ決まっていないそうな。

外国人材の受け入れは介護業や建設業など、14の業種で検討されていますが、このうち、どういう仕事の分野で受け入れるかは決まっていません。

対象となる業種は、

  • 建設
  • 飲食
  • 小売
  • 介護

など、“日本人”からしたら不人気の業種が並んでおります。待遇が悪くてキャリアアップも望めないような職業が多め。日本人から人気がないので慢性的な人手不足です。

スポンサーリンク

合理的に考えたら「そこに外国人労働者を送り込めばいいんや!」となるかもしれませんが、ちょっとした奴隷制度みたいじゃないですか・・・。日本人は冷暖房の効いたオフィスで働き、外国人は汗水垂らして日本人がやりたくない仕事をやれ・・・と。

 

日本人が求めている外国人とは『日本人の言うことを黙って聞き、低賃金でも文句の言わないロボットのような存在』なのでしょうな。政治家は言わないけれど。

 

日本に憧れを持ってくる外国人にあまりに卑劣なことをしています。母国で必死こいて日本語を勉強して、日本に来てみたら・・・絶望。

 

外国人受けいれ問題は2つの視点が大切です。

  • 受け入れる側
  • 外国人側

 

外国人にも優しい国にしたいですねぇ。そもそも、今の日本は高齢者と既得権益者層に優しいだけの国になってて歪んでますから、そこも直さないと。

 

移民受け入れ問題について>

 

コメント