クボタは40年前からデータを改ざんしていたとのこと

スポンサーリンク

このページでは日々起こる不祥事のニュースをまとめていくページになります。本当はそんな悲しいニュースをまとめたくないのですが、過去を忘れないため、過去から学ぶため、自戒を込めてまとめていくことにしております。

 

もはや品質検査ってなんなのよという感じ。

「品質検査(笑)」

になってますなー。やりたい放題。

クボタ、改ざん40年前から 社長ら報酬返上などの処分 - 共同通信 | This Kiji
品質データの改ざんを巡る問題で謝罪するクボタの木股昌俊社長(左)ら=29日午後、大阪市 クボタは29日、鉄鋼メーカー向けに出荷している生産設備の部品で検査の品質データを改ざんしていた問題で、少なくとも一部の不正は約40年前の1977年には始...

40年前からって・・・日本がまだまだ浮かれている状態の時でしょ。切羽詰まってデータを改ざんというわけではなさそうなところが怖い。

 

んでも検査データの不正問題は対岸の火事じゃありません。「クボタあほやなー」と言いつつ、来週あたりには自分が勤めている会社がニュースになるかもしれません。

 

https://www.kubota.co.jp/new/2018/18-28j.pdf

https://www.kubota.co.jp/new/2018/18-29j.pdf

 

なぜ頭のいい人までもが不正や隠蔽などを起こしてしまうのでしょうか?

現代に起こる“悪”を鋭く分析したのがハンナ・アーレントだと思います。人が悪に染まる理由についてはこちらの記事で書いています→なぜ人は悪に染まるのか?アーレントとアイヒマンから学ぶ

アーレントが言うように「悪の凡庸さ」が、明確に今の時代の悪をを表していると思います。

コメント