クリスパーキャス9で遺伝子操作されたデザイナーズベイビーが中国にて誕生

スポンサーリンク

とうとうか・・・という感じ。

ノーベル賞候補として名高いクリスパーキャス9を使った遺伝子改変技術により、中国にて遺伝子操作を行った子供が誕生したとのこと。(双子)

中国の科学者が「ゲノム編集でHIV耐性を持つ双子の女児が誕生」と発表、倫理面や内容には強い疑問の見方も
中国の科学者が、DNAのゲノム配列を自由に入れ替えることができる技術「CRISPR-Cas9」を使って遺伝子操作を行った双子の女児が誕生したことを発表しました。研究者は、遺伝子操作によりHIVに対する耐性を持つ赤ちゃん「露露(ルル)」と「娜娜(ナナ)」が誕生したと主張していますが、論文は査読が行われる学術誌には発表され...

遺伝子操作によりHIVに対する耐性を持つそうな。

 

遺伝子改変の子どもは双子だけじゃなくて、3人目も誕生する可能性があるそうです。

中国の研究者、遺伝子操作ベビー「誇りに思う」 3人目誕生の可能性も
世界で初めて遺伝子を操作した双子の女児を誕生させたと主張する中国の研究者が28日、香港で開かれた人のゲノム編集に関する国際会議で講演し、受精卵に手を加えた別の女性が妊娠初期の段階にあることを明らかにした。

 

倫理が問われる今、これをやっちゃう中国はすごい。

 

人の免疫系に欠かせないといわれる遺伝子「CCR5」についても質問が集中した。この遺伝子を取り除けば、ウエストナイルやインフルエンザなど、他のウイルスに感染するリスクが高まる。ゲノム編集ツール「CRISPR」の開発にかかわった研究者のフェン・チャン氏は、「1つを変えればほかの部分も変わってしまう」と危惧する。

ハーバード大学のデービッド・R・リウ教授は、「ゲノム編集に関しては現時点で何が許され、何が許されないかという厳格なコンセンサスがある。賀氏が報告した研究は、それを逸脱している」と指摘した。

 

こういう指摘をガン無視して、

  • 頭がいい子ども
  • スポーツができる子ども

などなどを遺伝子改変でガンガン中国が作っていったら・・・他国もそれに追随するしかなくなる未来が待っているような。そうしないと国力的に負けちゃうかもですからねぇ。

 

どんな未来が待ち受けているのか・・・。

コメント