障害者雇用の問題点について

スポンサーリンク

障害者雇用の問題点について、こちらの記事が参考になりました。

Page not found : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)
yomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。医療大全、病院の実力、医療相談室、シニア・介護の各コーナーには役に立つ記事が満載です。ニュースやコラムなども充実。

事業所には障害者1人当たり1日5000円程度の給付金が入る。雇用を継続すれば3年で最大240万円が得られる一般企業向けの助成金も受給できる。こうした支援もあって、厚労省によると、07年度に約200か所だった事業所数は、17年度に約18倍の3767か所に増え、雇用者数も約7万人になった。

厚生労働省が「補助金出しますよー」ということで、ずる賢い人たちが「わーい!補助金ビジネスだー」ということで、ややこしくなっております。

障害者の就労支援に詳しい大妻女子大の小川浩教授の話「営利中心の事業者の参入を許してしまったのは、性善説に基づく制度と、行政によるチェックの甘さが原因だ。事業所の経営をきめ細かくフォローして実態を確認するとともに、誠実に運営している事業者の支援も急ぐべきだ」

いやー、補助金ってやつは人を滅ぼしますわ。ヒトには使いこなせない制度だと思うんです。

コメント