化学大手の日立化成の検査データ不正について

スポンサーリンク

このページでは日々起こる不祥事のニュースをまとめていくページになります。本当はそんな悲しいニュースをまとめたくないのですが、過去を忘れないため、過去から学ぶため、自戒を込めてまとめていくことにしております。

 

化学大手の日立化成が検査データを不正したとのことです。不正は10年以上前から行なっており、幹部も黙認していたそうな。

 

日立化成、不正10年以上か 社長「甘えた文化あった」:朝日新聞デジタル
 化学大手、日立化成の国内全7事業所で検査データの不正が見つかった。売上高の1割にあたる製品の検査が正しく実施されていなかった。不正は10年以上前から続いていた可能性があり、部長や事業所長ら一部の幹部…

 

これぞまさに『悪の凡庸さ』ですな。気をつけたいところです。

 

なぜ頭のいい人までもが不正や隠蔽などを起こしてしまうのでしょうか?現代に起こる“悪”を鋭く分析したのがハンナ・アーレントだと思います。アーレントが言うように「悪の凡庸さ」が、今の時代の悪を表していると思います。人が悪に染まる理由についてはこちらの記事で書いています→なぜ人は悪に染まるのか?アーレントとアイヒマンから学ぶ

コメント