エリート商社マンが転職サイトに急増中らしいぞー【成長ができないそうな】

スポンサーリンク

勝ち組と名高い商社マンなのに転職を考える人が急増中なのだとか。

転職サイトに商社若手の登録が急増。なぜ彼らは“高給”を捨てるのか
転職市場が活況となった2018年は、就活ではテッパンの人気企業とされてきた総合商社にも、異変が起きている。グローバルにまたがる仕事、待遇やブランド...

丸紅の社長さんはこのように語っております。

「最近30歳ぐらいの離職率が商社全体で非常に上がっている」

2018年2月に登壇した都内で開かれたイベントで、丸紅の國分文也社長は、若手の人材流出についてそう危機感を明かした。

「総合商社のとある上位企業でも、若手社員が入社5年で3割が辞めているというデータがあります」

記事を読むと、思ったようにキャリアが築けないんだそうな。

  • 働く場所を選べない
  • 激務
  • 社内の決定スピードが遅い

などなど。海外勤務といても欧米先進国ではなく、中東やアジアが多いので、結婚やら子育てを考えるとちょっと嫌ですよねぇ。

 

高収入というのは高収入ならではの悩みがあります。その悩みの対価が高収入の理由とも言えますけれども。

年収1000万円でもきつい理由>

 

承認欲求を満たしたいのなら商社マンでもいいかもしれませんが、普通に幸せな暮らしを手にしたいのであれば、働く場所を選べる仕事のほうがいいんじゃないかなと思います。やっぱりプログラマーとか最強ですよね今の時代。

 

コメント