岡山県倉敷市職員が盗撮で懲戒免職された問題

スポンサーリンク

このページでは日々起こる不祥事のニュースをまとめていくページになります。本当はそんな悲しいニュースをまとめたくないのですが、過去を忘れないため、過去から学ぶため、自戒を込めてまとめていくことにしております。

 

岡山県の倉敷市職員(49歳)がイベント会場で女性を盗撮した疑いで逮捕されたとのこと。

301 Moved Permanently

この人は2014年にも靴の甲に仕込んだビデオカメラで盗撮しようとして逮捕されていたそうな。その時は停職1年の懲戒処分と降任処分を受けていました。

が、今回もやってしまって懲戒免職処分だと。

一般廃棄物対策課水島環境センターの脇本一男副主任

後任しても副主任だったのですなー。いやはや、こんな人の下につきたくないねぇ。

 

市は監督責任で環境リサイクル推進部の課長級男性を文書で、次長級男性を口頭でそれぞれ厳重注意した。市人事課は「公務員としての自覚に欠け、市民の信頼を著しく損なった」と陳謝した。

 

二度もするかねぇ・・・。というか事件が発覚しただけで、もっとやってたんでしょうな。

 

なぜ頭のいい人までもが不正や隠蔽などを起こしてしまうのでしょうか?現代に起こる“悪”を鋭く分析したのがハンナ・アーレントだと思います。アーレントが言うように「悪の凡庸さ」が、今の時代の悪を表していると思います。人が悪に染まる理由についてはこちらの記事で書いています→なぜ人は悪に染まるのか?アーレントとアイヒマンから学ぶ

コメント