フェデラーがグランドスラム20勝目を達成!ファンとしては嬉しすぎるんだ!

スポンサーリンク
 

An all-time great. @rolex congratulates @rogerfederer on his 20th Grand Slam title. #Rolex #AusOpen #RF20

Australian Openさん(@australianopen)がシェアした投稿 –

フェデラーが全豪オープン2018決勝でチリッチに勝利しました・・・。
フルセットを制しました・・・。

おめでとうございます!!!!!!

全豪オープン二連覇なのです。

そして、グランドスラム20勝目なのです。

嬉しい・・・。
タダタダうれしい・・・。

スポンサーリンク

フェデラー、チリッチを制して優勝@全豪オープン2018を振り返って

この感動を、記事に残したい。
そんな思いで今日は記事にしています。

私のための私による私のための記録( ´∀`)

さてさて、早速youtubeのAustrallian open公式チャンネルから動画を持って来ちゃいます。

いや〜、チリッチ強かったんですよね。
昨年のウィンブルドンの時よりも数段強くなっていました。

メンタル面のレベルが上がったんだと思います。

5セット目の最初のフェデラーのサービスゲームがキーだったのかと。
あそこをブレイクしていたら、優勝していたのはチリッチだったかもしれません。

でも、それを切り抜け自分の流れに持っていったフェデラーがさすがとしか言いようがないのですけど。
ああいう場面で引き出しの多さが活きるのかなぁと想像しています。

ツイッターでも色々書いちゃったので、それを載っけます。

フェデラーの最高のポイントを振り返る

ありがたいことに、公式チャンネルではフェデラーの最高のポイントをまとめてくれています。
これだけで、ご飯3杯いけちゃう。

フェデラーが36歳だから36ポイントにまとめているのかが気になるところですね( ´∀`)

チョン・ヒョンがすごかったなーと

全豪オープンを振り返ってみると、チョン・ヒョン選手が思い浮かびます。
ジョコビッチを倒し、フェデラーと対戦しましたが足の怪我で途中リタイア。

それでもジョコビッチとの対戦は脳裏に焼き付いております。
ジョコビッチが「壁のようだった」と言っているように、まさに鉄壁のディフェンス力。

ケガが多そうなプレースタイルですが、トップ10入りは確実なんじゃないかなー。

ウィキペディアによると、幼少期より視力が悪いそうな。
目の健康のためにテニスを始めたんだってさー。

ちなみに身長は188cmと、超でかいです。

ナダルの怪我が心配

ナダルとチリッチ戦では、ナダルが怪我により途中棄権しました。
うーん、心配ですね。

MRIの検査を受けるとツイートしていました。
検査結果はどうだったんでしょ(´・ω・)

まとめ

フェデラー、チリッチ、最高の試合をありがとうございます!
元気もらいました(`・ω・´)”

グランドスラム20勝目か〜。
フェデラー引退説をメディアが騒いでいた時には考えられないことですね。

というか、ファンの私でさえ、「グランドスラムのタイトルはあと一回取ってほしい・・・!!!」くらいにしか思ってなかったのですが、そこから3つも取るんかーい!てなことになっています。(ナダルも言えることですが)

  • 体力
  • 筋力
  • 技術力
  • 精神力
  • 回復力

など、テニスというスポーツはおおよそ全ての能力が最高レベルで求められると思います。

その中で若手選手相手にグランドスラムを制するのですから、どんなに厳しいトレーニングをしているのか・・・想像ができません。

だからこそここまでの感動をフェデラーは与えてくれるのだと思います。
インタビューの涙で私はやられました笑

さて、元気もらったし、今年もがんばるぞーーー!!!(`・ω・´)”

コメント