30年後には年金は2割も減るらしいぞー

スポンサーリンク

厚生労働省が「約30年後には、今の65歳が受け取っている年金の2割近く減るぞー」という発表をしました。

厚生労働省は27日、公的年金の長期的な給付水準を5年に1度試算する財政検証の結果を公表した。少子高齢化を受け、標準的なケースで約30年後にモデル世帯の年金の実質的な価値は現在の65歳と比べ2割近く目減りする。基礎年金(国民年金)部分に限ると約3割低下。現役世代の平均手取り収入に対する年金受給額の割合「所得代替率」は現在の61.7%から50.8%で下げ止まる。政府は「代替率50%維持」を掲げており、経済成長が見込めれば制度は持続可能と示した形だ。

引用:https://this.kiji.is/539002640426599521?c=113147194022725109

まぁ予想通りですよね。年金制度が維持できるなんて誰も思っていません。

 

逆に言えば、今の受給額の8割ももらえるんだなー、という感じ。日本の行く末は期待が持てませんね。切るところを切っていかないとダメなのに、そういうのが全然できません。それに、税制はシンプルにして公務員を減らしていくべきなのに、軽減税率の導入ですよ。余計な負担が増えるだけですよ。どうなってんだかって話ですわねー。

軽減税率の問題点とは?→手間が増える=余計なコストが増える

 

年金に期待せず、働ける年齢までがっつり働ける心身を維持していくこと。そして選挙に行って若者優遇の政策を掲げる人に、全力で投票していくこと。私たちにできることはこれくらいでしょうかね。

コメント