いじめに関するメモの隠蔽問題は5人の軽い懲戒処分で終了【神戸市教育委員】

スポンサーリンク

中3女子が自殺し、そのいじめのメモを隠蔽していた問題で、その責任者ら5人の懲戒処分が決まりました。

いじめメモ隠蔽で懲戒処分 神戸市教委、幹部職員5人
神戸市立中学3年の女子生徒(当時14)が2016年10月に自殺した後、いじめに関する証言を記録したメモが市教委首席指導主事の指示で隠蔽(ぺい)された問題で、市教委は1月16日までに、首席指導主事ら幹部職員5人を懲戒処分にした。
  1. 首席指導主事は停職3カ月
  2. 総務部担当部長(当時の学校教育部長)は減給10分の1(1カ月)
  3. 教育次長ら幹部3人が戒告
  4. 担当課長が文書訓戒

退職者については、前教育長の雪村新之助氏が報酬月額の10分の1(3カ月)を自主返納。隠蔽に関与した当時の中学校校長は減給10分の1(3カ月)相当とした。

戒告の意味が詳しく分からなかったので辞書で調べてみますと「注意すること」でした。

訓戒も同様に調べてみますと、注意するレベルのものでした。

 

いやいや、一体どれだけ甘いのよ。これは久々にキレそうになるニュースでした。森友学園の公文書書き換え問題といい、やたら処分が甘くないですかねぇ。本当に行政を信じれなくなるよね。屋台骨が腐ってるんだろうな。

 

こんな甘い処分だと、すぐに人々の記憶から(学校からも)忘れ去られて、同じような問題が繰り返されるんだろうなと思いました。

 

教師がいじめを隠蔽する理由について書いた記事>

 

参考にしたサイト

神戸市教委いじめメモ隠蔽、「腹くくって」指示発覚後もあきれた対応、遺族「裏切られた」 
神戸市垂水区で平成28(2016)年に市立中学3年の女子生徒=当時(14)=が自殺し、いじめの内容などを記した学校側の聞き取り調査のメモが市教育委員会の首席指導…
いじめ自殺を隠蔽するとき、教育者が必ず口にする「異常な論理」(内藤 朝雄) @gendai_biz
逃げることができず、どこまでも追い詰めていくいじめ。些末でしつこい内部規則や過剰同調し続けなければならない集団生活……。学校という囲い込み施設の有害性は、何十年も社会問題になっているが改善されない。なぜなら、こうした「あたりまえ」と思いこむ習慣が一般大衆に浸透しているからである。

コメント