日本郵政のがん保険の二重払い問題

日本郵政のがん保険の二重払い問題 企業
スポンサーリンク

このページでは日々起こる不祥事のニュースをまとめていくページになります。本当はそんな悲しいニュースをまとめたくないのですが、過去を忘れないため、過去から学ぶため、自戒を込めてまとめていくことにしております。

 

かんぽ生命に引き続き・・・です。日本郵便までもがずさんな体制でした。まぁ予想できたことですが😅

日本郵便がアフラック生命保険から委託され販売するがん保険を巡り、保険料の二重払いや無保険状態の契約が、2018年5月~19年5月で少なくとも約10万件に上ることが分かった。

日本郵便、二重払いや無保険10万件 アフラック委託のがん保険 制度の不備が原因、現在も販売
日本郵便がアフラック生命保険から委託され販売するがん保険を巡り、保険料の二重払いや無保険状態の契約が、2018年5月~19年5月で少な...

まぁひどい話です😱アフラックは再三にわたって改善を求めていたそうな。

アフラック社は再三にわたって改善を求めていたといい、識者からは「なぜ制度の不備を放置したまま販売を続けたのか」と疑問の声が上がる。

なぜ?日本郵便、顧客の不利益放置 アフラックは再三の改善要請 二重払いや無保険10万件
日本郵便が販売したアフラック生命保険のがん保険でも、保険料の二重払いや無保険状態といった顧客に不利益となる契約が新たに発覚した。乗り換...

もうね、これって組織的な保険詐欺ですよ。それなのに、

  • 逮捕者ゼロ
  • 責任を取る会社幹部ゼロ

なわけです。これってどうなってんの?って話なんですよね。

 

マスコミさん、あなたたちの仕事ですよーー

 

ただ、マスコミさんは大企業(スポンサー)に弱いのですよ。もう、どちらも終わってるとしか言いようがないです。大企業の詐欺は許されるのですねぇ。こりゃ、やってらんないっての。

 

なぜ頭のいい人までもが不正や隠蔽などを起こしてしまうのでしょうか?現代に起こる“悪”を鋭く分析したのがハンナ・アーレントだと思います。アーレントが言うように「悪の凡庸さ」が、今の時代の悪を表していると思います。人が悪に染まる理由についてはこちらの記事で書いています→なぜ人は悪に染まるのか?アーレントとアイヒマンから学ぶ

コメント