予想通りに増税のせいで内需が縮小【年率に換算してマイナス6.3%】

スポンサーリンク

消費税が10%に引き上げられたことで、消費が抑制されることが懸念されていました。予想通りに消費が抑制され、内需が大幅に縮小したとのことです。

去年10月から12月までのGDP=国内総生産は、前の3か月と比べてマイナス1.6%、年率に換算してマイナス6.3%となりました。消費税率の引き上げなどで個人消費が落ち込んで、5期ぶりにマイナスに転じ、マイナスの幅は、前回の増税直後以来となる、5年半ぶりの大きさとなりました。

内閣府が発表した去年10月から12月までのGDPは、物価の変動を除いた実質の伸び率が、前の3か月と比べてマイナス1.6%でした。

これが1年間続いた場合の年率に換算すると、マイナス6.3%で、5期ぶりにマイナスに転じました。

主な項目では、GDPの半分以上を占める「個人消費」は、マイナス2.9%となり、5期ぶりにマイナスとなりました。去年10月に消費税率が引き上げられ、家電製品や自動車、化粧品などの販売が減少したほか、台風などの災害や暖冬の影響が重なり、消費が落ち込みました。

また、アメリカと中国の貿易摩擦などを背景に、海外経済が減速していることを受け、企業の「設備投資」は、工場で使う生産用の機械などが減少して、マイナス3.7%、「輸出」もマイナス0.1%となりました。

さらに、「住宅投資」もマイナス2.7%となり、多くの項目で伸び率がマイナスに転じる結果となりました。

全体のマイナスの幅は、前回、消費税率が引き上げられた直後の2014年4月から6月までの年率、マイナス7.4%以来、5年半ぶりの大きさとなりました。

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200217/k10012288581000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

スポンサーリンク

反安倍を掲げる野党の方々などは、これに嬉々としてツイートしておりますので、転載します。

うわー、これ、音喜多さんのいう通りですわ。軽減税率という愚策をしてこの結果。マイナスばっかりですやん。

軽減税率の問題点とは?→手間が増える=余計なコストが増える

 

増税後は消費が落ち込む、というデータが日本の歴史にまた刻まれましたね。歴史は繰り返す。

コメント