橋下徹さんのコロナウィルスへの対策が勉強になった【感染を止めるのではなく、ピークを抑えること】

スポンサーリンク

安倍首相が強行した学校の一斉休校。メリット・デメリットの判断で意見が分かれるところですが、橋下徹さんはこれに「賛成」とのこと。その理由について、こちらの動画でしゃべっておられます(#61 ゲストに乙武洋匡さんを迎えてコロナ対策の休校など熱論)↓

NewsBAR橋下 - 本編 - #61 ゲストに乙武洋匡さんを迎えてコロナ対策の休校など熱論 | 【ABEMAビデオ】見逃した番組や話題のニュースが無料で視聴可能
NewsBAR橋下が無料で視聴できます。速報ニュースのノーカット生中継から独自のニュース番組まで、話題のニュースが無料で視聴できます。
スポンサーリンク

感染を止めるのではなくピークを抑える

感染症対策で重要なことは「感染を止めるのではなく、感染のピークを抑えること」だと、橋下さんは言います。感染を0にすることは、そもそも無理な話ですからね。

 

それで、感染症対策では、一気に感染が広がるのを防ぐことが重要です。なぜかというと、一気に増えると医療体制が追いつかなくなるからです。表現は悪いですが「なだからに感染させる」、ということが被害を最小限にするための方法なのです。じゃあ『なだらかに感染させる』ためにはどうしたらいいかと言うと、人の移動を制限することが肝心らしいです。

 

橋下さんが一斉休校を支持するもう1つの理由は、自身の経験からです。橋下さんが知事時代に新型インフルエンザがはやりました。そのとき、大阪府内で『2例目』が出た時に、休校の指令をかけたそうです。それが本当に正しい決断かどうかは分からないけれど、橋下さんは決断しました。

 

3年後、その決断が正しいかどうかの検証がされます。全国と大阪を比べたときに、明らかに大阪の感染率は低かったそうです。

 

とても勉強になる動画でした。

 

コメント