30万円の現金給付って効率悪そうだよね【ピンハネの取り分を大きくしているとしか】

スポンサーリンク

コロナウィルス対策で所得が大幅に減少した世帯に、現金30万円が給付されます。フリーランスや個人事業主にも給付が考えられています。

いやね、なんでこんなに手間暇のかかることやるんだろうと思うわけですね。ベーシックインカム的に現金を一律に配って、高額所得者には後から課税を増やして取ればいいだけじゃないですか。そのための確定申告でしょうに。

 

またなんのためのマイナンバーだっていう話ですよ。世帯ではなく個人で管理できるようにマイナンバーを普及させたいのではないでしょうか。まじで、いったいなんなんでしょうね。

スポンサーリンク

一番頑張っている医療関係者には30万円は支払われない

コロナウィルス対策で一番リスクをとって頑張っている人たちは、病院の現場で働いている人だと思います。なんといったって、コロナウィルスに感染するリスクを毎日高い確率で背負っているわけですからね。

 

で、そんなに頑張っている人たちには、なんの報酬もありません。なんだかなー、と思っちゃいます。

申請のために役所に殺到

こういうややこしい申請にしちゃうと、役所に人が殺到します。おいおい、人を集めちゃダメじゃん。

 

で、そのような雑務が増えるほど、『本当に必要な人に届かない』可能性も増えちゃうわけです。申請が受理されるまでに、生活に困る人、倒産しちゃう会社があるわけですね。

 

なんでわざわざ効率悪いことしちゃうのかなーと。役所が医療崩壊みたいになっちゃいます。

手続きを複雑にすればピンハネが増える

なんでこうも手続きを複雑にするかと言うと、「ピンハネを増やしたいから」としか考えられません。一律現金給付からの確定申告で所得が多い人から徴収、というシンプルなものにすると、

  • 話し合いをする議員たち&官僚たち
  • 役所で働く人たち

が、もっと少なくてもいいんじゃない?ということになってしまいますからね。

 

税金で生きてる人たちが「やばい!ここの組織いらないと思われたら大変や!」といって、がんばって利権を作ろうとしている、のではないかと考えちゃいます。また火事場泥棒的に新しい利権を増やそうとしていたり、とも考えちゃいます。(和牛券とかお魚券とか)

 

んー、給付に踏み切ったのは正解だと思うのですが、なんでわざわざ効率の悪い方向に持っていくのですかねぇ。『あくどい意図がある』と疑っちゃいます。

 

*関連記事

コロナウィルスの経済対策で日本もはやく現金を配るべきだよね

新型コロナウィルスについて一般人でも知っておきたい情報を調べてまとめてみた

コメント