政治家・公務員は10万円を受け取ってもいいのか問題【News BAR橋下】

スポンサーリンク

橋下徹さんと玉木雄一郎さんのやりとりがおもしろかったのでメモ。

#67 ゲストに国民民主党代表の玉木雄一郎氏を迎えてコロナ対応への疑問をぶつける!

 

コロナウィルス対策としての『10万円給付』でお二方の意見が食い違っておりました。

スポンサーリンク

二人の考えて一致しているのは、「迅速に配るための一律給付はOK」というところです。二人ともここは同意しています。

で、橋下さんは、

  • コロナウィルスの影響を受けない政治家や公務員やお金持ちの人は、受け取らないでくださいということを政府がメッセージしていくべきだ

と考えています。そもそも一律給付の前は、低所得者向けに30万円の給付を考えていました。ですからコロナ対策のベースにある考えは、『困っている人向け』なのですね。だから橋下さんとしては、困っていない人は受け取らないでもらって、余った分は困っている人にさらに給付できるようにしていこうぜ!とのお考えです。困っている人に向けて、2回、3回と給付するのが「政府がやるべきことだよね」とのことです。

 

対して玉木さんは、

  • みんな受け取って使っていけばいい。困っている人にはさらに政府が国債を発行すればいいんだ

とのことでした。橋下さんの「政府がメッセージをしていくべきだ」との考えについては、全然理解していませんでした。

 

で、この2人の話を聞いて、私的には橋下さん派です。政府はもっとメッセージを強くしていくべきでしょう。「困っている人に多く配りたいので、生活に余裕のある方は受け取らないでください。」というメッセージを強く発言していけばいいだけです。なぜ玉木さんがこれに理解を示さないのかが、理解不能でした。

 

あと、玉木さんは困っている人向けに追加に国債を発行すればいいというわけですけれど、そんなのできるの?という話なのです。もっと簡単に国債を発行できるのであれば、30万円給付にしろ、一律10万円給付にしろ、もっと早くにできたはずです。困っている人に向けて国債をさらに発行できるという保証がないのであれば、橋下さんの考えに賛成なのです。野党の悪いところなのか、どうも地に足がついていない政策を掲げますよね😅

 

ちなみに橋下さんは公務員はお金を受け取るな!というわけではなくて、現場でガシガシ働いている人には別に特別手当をあげればいいだけとのお考えです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント