新型コロナウィルスで分かった知事(市長)の力量【選挙に行っても変わらないは嘘だった】

雑記
スポンサーリンク

NewsBAR橋下が面白かたのでメモ。

>#70 ゲストに作家の乙武洋匡さんを迎えてアフターコロナの世界を考える!

スポンサーリンク

橋下さんはこのように言っています。「自分とこの知事がポンコツかどうか、これでわかったんじゃない?知事の力量が見える化した」と。

 

これはまさにその通りですね。データとロジックをもとに行動する知事(市長)と、国のいうことにペコペコする知事(市長)に分かれたかと。

 

で、このコロナウィルスで混乱の時期に、強烈なリーダーシップを発揮しているのが大阪の吉村府知事です。

 

吉村府知事といえば大阪維新の会、つまり橋下徹さんがつくり出した政党の出身です。当時、橋下さんが死に物狂いで頑張ったからこそ、大阪府民は選挙に関心を示し、吉村さんのような優れたリーダーを選挙で選び出すことができたのではないでしょうか。

 

「選挙に行っても政治は変わらない」というのはウソなんです。(少なくとも自分たちでトップを選べる市長・知事の選挙は)

 

私たち国民できる事は選挙に少しでも関心を示し、投票に行くことですね。吉村府知事のような次世代のリーダーが各都道府県にいるのに、『若者の票が取れなくて落選している』とういう現実もあるでしょう。なんなら、「若者の票が取れないから出馬するだけ無駄だ」と考える人も多々いるはずです。(頭がいいほど現実を見てそう考えてしまう)

 

投票率を上げて、リーダーが登場できる場を整えましょう。参考までに。それでは!

*関連

選挙に行く意味はあるの?数十年後の未来のために行くべき

コメント