新型コロナウィルスの第一波で印象深かったこと【日本の政府の対応とか】

雑記
スポンサーリンク

自粛も解除され、新型コロナウィルスの第一波が終わりました。日本の死者数は1000人もいってませんから、欧米のひどいところと比べるとケタが違います。ですから、日本の対応は成功と言えるしょう。(そもそもアジアが成功しているという話は置いておいて→http://www.covid19-yamanaka.com/cont11/main.html)

2020/06/03のGoogleニュースより、感染者数順に並べると↓

というかアメリカやばすぎ😱

下にどんどんスクロールしていき、日本を見てみますと↓

ケタが違います。

 

さてさて、新型コロナウィルスという脅威のため日本でも緊急事態宣言が起こりました。そこでいろと分かりました。

  • 日本の対応
  • 国民の行動

などですね。個人的に興味深かったところをまとめていきます。

スポンサーリンク

1 新型コロナウィルスの日本の対応

冒頭にも書きましたが、日本はコロナウィルス第一波で死者数を1000人未満に抑えています。日本の対応は成功しています。医療関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。

 

で、ここから気になるところを。

1.1 火事場泥棒がいる【和牛券・お魚券】

新型コロナウィルスの経済対策のために「和牛券・お魚券を配っては?」という声が上がっていました。

コロナウィルスの経済対策のためにアメリカは2兆ドル。日本は和牛券を考えていた。

 

正直、ビビりましたね。農林水産系の圧力を受けているどこぞの族議員の声でしょうが、ここぞと言わんばかりに狙ってくるとは。そんな案を出した議員、誰なん?名前なんで出てないの?というのが気になるばかりでした。

1.2 マスクに500億円・検品でさらに追加・そしていまだに届かず

和牛券・お魚券の次はマスクを配るという案が出てきました。確かにマスクはないよりはあったほうがいいです。でも優先順位そこなん?と思ったのは私だけではないはずです。

 

で、マスクがウィルス対策になるという科学的根拠が示されないまま、約500億円をかけてマスクが配布されることになりました。

マスク配布に466億円!【和牛券のほうがマシだったかも】

 

ところがマスクが汚いとかで返品騒ぎがあり、検品に追加で8億円ということになりました。

政府が配布を進める布マスクは、配送費や印刷費などにも多額の税金が投入されている。中でも気になるのが検品費用とされる8億円だ。政府は「当初から予定していた」と説明するが、契約書や関係者の話をたどると、カビなどの不良品が大量に発覚したことから、慌てて検品を依頼した疑いが出てきている。

引用:https://mainichi.jp/articles/20200527/k00/00m/010/099000c

 

ちなみに、2020年6月3日現在では、まだ全国にマスクは行き届いておりません。自粛解除されてますよ。ちなみにスーパーなどではマスクの在庫は復活しております。

 

  • 〇〇を
  • いついつまでに

というのが社会人としての最低限なマナーのはず。政府の見切り発車感がすごい😢

1.3 飲食店より高齢者を優先する政策

不思議だなぁと思ったことが、徹底して高齢者を優遇しているところです。このコロナウイルスは、高齢者や基礎疾患がある人に重篤な症状をもたらすことがわかっています。つまり、その人たちを自粛させておき、若者から隔離しておけば安全なわけです。

 

しかしそういう選択を取らずに、全員で自粛という道を日本は選びました(と言っても、どこの国もそうなのだけれど)。これは平等なのでしょうか。確かに全員で自粛すれば若者も高齢者を守ることができます。でもそれでは飲食店やイベント業者などに「さようなら」と言っているようなものです。失業率が増えると自殺者が増えると言われています。年金暮らしの人にそのような心配はありませんが、現役で働いている世代はきついのですよ、ほんとうに。

1.4 何もしなかったら42万人死ぬって、なんでそんなにあおるん?

メディアではさかんに8割おじさんこと西浦教授が取り上げられていました。「なにもしなかったら最大で42万人死ぬ」みたいなことが繰り返し言われていました。なんでそこまで煽るん?そもそも「なにもしない」ってのがありえないですよね。だって、いまやってるんだもん。対策してるんだもん

 

いくらなんでも煽りすぎでしょうに。西浦教授は専門家として最悪のケースを発表しただけで、なぜにメディアはそこまで取り上げたのでしょうか。ほんとうにメディアにはガッカリです。

1.5 感染者減ってます、ということでさらに1ヶ月延長します!「え?」

コロナウィルスの脅威なども分かっていた5月上旬。国民の自粛の甲斐もあり、感染者数はどんどんと減っていきました。ピークアウトしていました。で、政府は決断します。

 

「もう1ヶ月、緊急事態宣言を延長します!」

 

え???新規の感染者数は減っている、重傷者も減っている、専門家会議でもピークアウトしているとなっている、それなのに延長する。その根拠が全然わかりません。感染者がガンガン減っていて、そろそろ出口戦略をしっかりと考えていかないといけないって時に、まさかの延長決定。民間企業は潰れろと😱

安倍総理大臣は、「わが国は、諸外国のような爆発的な感染拡大には至っておらず、全国の『実効再生産数』も1を下回るなど一定の成果があらわれ始めているものの、現時点では、いまだかなりの数の新規感染者数があり、感染者の減少も十分なレベルとはいえない。引き続き医療提供体制がひっ迫している地域も見られることから現在の取り組みを継続する必要があるというのが専門家の見解だ」と述べ、緊急事態宣言の対象地域を全国としたまま、今月31日まで延長することを決定したと明らかにしました。

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200504/k10012417391000.html

政府は自粛を延長する理由を根拠をもって示すべき【人権を侵害してるよね】

1.6 政治家にとって自粛させる方が簡単

  • 自粛を続けて感染者を減らすこと(経済は大打撃)
  • 自粛をやめて経済活動を再開すること(感染者は増える)

これを天秤にかけて政治家は判断していきます。が、これ、重みが同じではありません。政治家は自分の保身を考えて、自粛する方を選びます。なぜか?

 

自粛を解除して感染者がめっちゃ増えたら、国民からも海外メディアからも叩かれるから(次の選挙で勝てなくなる)』です。

 

だから日本では感染爆発が起きてないけれど、欧米を真似て自粛して、ついでに延長もしちゃったわけです。こういう判断をするのは政治としては最低だけれども、政治家としては正しいのですね。

1.7 コロナウィルスはいつまで指定感染症のくくりなのか

コロナウィルスは指定感染症に分類されています。ですから指定の病院でしか対応できません。普通の病院では対応できないんですね。

繰り返しになりますが、新型コロナウィルスが未知の時はこのランクで良かったと思います。でも、危険度が分かってきました。それなのにまだこのランクとは…。ランクを落としてあげれば他の病院でも対応ができるので、医療崩壊もしづらくなるのです。

1.8 マイナンバーが使えない悲しさ【大臣も使ったことない】

国民一人あたりに10万円支給が決定されました(世帯管理で)。で、ここからが問題です。「こういうときにこそマイナンバーカードや!」と思いきや、マイナンバーカードの方が手間がかかる、という残念さが浮き彫りとなりました。そしてマイナンバーのパスワードを忘れた人が、役所に駆け込み三密に😱

 

そしてマイナンバーカードを使って申請するマイナポータルというサイトを、大臣さえも使ったことのないという衝撃の事実。

〈○中谷(一)委員 マイナポータル、ネットの方の操作については利用されたことってございますか。

○石田国務大臣  私は利用しておりません。

〇鈴木(淳)副大臣 私もまだ利用したことはありません。

〇佐藤(ゆ)副大臣 私も、使ってみたいと思いますが、まだ使っておりません。

○大西大臣政務官 使ったことはございません。

○國重大臣政務官 一応、どういうものか確認したことはありますけれども、実際に実務として使ったことはありません。

○古賀大臣政務官 なかなか利用し切れていないというのが実情でございます〉

制度を所管する官庁の首脳5人が、制度開始から4年が経った昨年の時点で、使ったことすらなかったマイナポータル。この非常時に、緊急性の高いコロナ給付金交付のために使うのは、とてもではないが荷が重い。引用:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/72383?page=4

どうなってんだ日本!

政治家・公務員は10万円を受け取ってもいいのか問題【News BAR橋下】

 

ちなみに、マイナンバーシステムにはどのくらいのお金がかかっているのかと言うと↓

マイナンバーシステムの導入コストについては初期費用が2700億円、運用開始後の維持・管理コストが年間300億円程度と報じられているが、このカネはドブに捨てるも同然だと私は思う。引用:年間費用300億円 マイナンバーシステムを大前氏が一刀両断

 

*追記(2020/06/08)

10万円給付がとんでもなく遅れていることが分かりました。

国民に一律十万円を配る「特別定額給付金」について、東京二十三区や関東の政令市、県庁所在地など三十四市区で、給付金が支給された世帯数は総世帯の2%強(五月末時点)にとどまることが、本紙の調査で分かった。政府は「五月中」の支給を目標とし、緊急事態宣言で厳しい状況に置かれた家計を支える狙いだったが、宣言解除後も多くの国民に給付金が届いていない実態が浮き彫りとなった。 (大島宏一郎)

なんのために一律10万円にしたのよ?って話ですよね。迅速に配るためです。

 

役所では、公務員が一個一個目視で確認しながら作業してるんでしょうかね。いやはや、ちょっとあきれますね。マジで安倍政権の罪は重いです。

  • マスクもなかなか届かない
  • 10万円もなかなか届かない

安倍政権がコロナウィルス対策でやったことって「自粛の呼びかけ」だけなのでは?こんなにも行政能力が欠如しているとは…。こんな仕事をしておきながら政治家も公務員も満額給料とボーナスをもらうのですよ。こりゃ、税金を払ってる身からするとやってられないですよ。(といっても、マイナンバーと口座の紐付けを「プライバシーが!」と言ってたのは、国民でありメディアであり野党なので、安倍政権だけが悪いわけではありませんけれど)

2 国民の不思議なところ

2.1 経済を完全に止めてまでコロナウィルスをやっつけようと思う人が多すぎる

経済が止まり失業率が増えると、自殺者が増えると言われています。アメリカだと失業率が1%増えると自殺者が10,000人増えると言われています。日本も失業率と自殺にはそのような関係性があります。そのためコロナウィルスを抑えるといっても、経済を止めすぎるのは危険なのです。コロナウィルスの死者は1000人に抑えられました、でも自殺者は今年は10,000人増えました、では意味がないのですね。

 

もちろんコロナウィルスの脅威が未知の時は経済を止めてまで自粛するべきでしょう。しかしコロナウィルスの危険性がある程度わかった後でさえ、経済を止めようという風潮が強かったです。共同通信社が5月29日から31日に実施した全国緊急電話世論調査によると、5月25日の緊急事態宣言の全面解除に関しては「早すぎた」との答えが47.2%もありました。これには驚きました。

5月25日の緊急事態宣言の全面解除に関しては「早過ぎた」との答えが47.2%で、「適切だ」の38.7%を上回った。今後も外出を自粛するか尋ねたところ「ある程度」を含め「自粛する」が94.2%を占めた。引用:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59804530R30C20A5PE8000/

2.2 人権を侵害されていることを当たり前に受け入れる国民性

コロナウィルスの一見で、憲法が保障している人権が、かなり侵害されました。しかも「お願い」で、多くの国民たちは進んで自分たちの人権を差し出しました。

政府は自粛を延長する理由を根拠をもって示すべき【人権を侵害してるよね】

コロナで分かる戦後の日本教育の敗北感【積極的に自由を放棄する】

2.3 ウィルスとの共存を選んでいくしかないということを理解できる人は少ない

人間が根絶できたウィルスは天然痘ぐらいしかありません。基本的にウィルスを根絶する事は無理なので、共存を選んでいくしかありません。しかし、これを理解できている人の少ないこと少ないこと。マスメディアはこういうことをもっと伝えていくべきなのではないでしょうか。

2.4 PCR検査を理解できない人が多い

PCR検査はむやみやたらにやればいいかと言うと、そんな事はありません。

  • 医療リソースが無限ではないから
  • PCR検査の感度が6割から7割程度だから

 

「全員検査します!」といった国々で感染爆発が起こったのはご存知の通りだと思います。全員検査するのは無意味どころか危険なのです。

 

で、PCR検査の感度は高くて7割という大きな問題があります。検査しても結構間違えちゃうのですよ。検査というものは『それっぽい症状が出ている人』に向けてやるべきものでして、症状がない人にもやっちゃうと医療リソースを使い過ぎてしまいます。医療崩壊に向けて走っているようなものです。ですからむやみやたらに「全員にPCR検査を!」ということは危険なのですね。

『新型コロナウイルスの真実』を読んで【重要なのは手指消毒】

 

もちろん今後の感染症対策のために、PCR検査数を増やせる環境を整えておくことは議論の価値があります。でも現状だとできないわけです。無い袖は振れません。それなのに「もっとPCRを!」と言い続けている人って、不思議です🤔

3 コロナウイルスで色々と興味深かった話

3.1 BCG仮説

BCGは結核菌のワクチンです。肩にハンコ型の跡があると思いますが、あれがBCGワクチンを接種した痕跡です。日本では摂取が義務になっているやつですね。

 

で、結核菌は細菌なわけで、コロナウイルスとは普通に考えて関係ありません。だけれどもBCGを接種義務にしている国の重症化率と重症者数が少ないと言う不思議なことが起こっております。因果関係ではなく相関関係なのですが、なかなか興味深い話です。

 

人間の免疫は自然免疫と獲得免疫があって、ワクチンと言うものは獲得免疫を目指すものです。だけれどもBCGワクチンはもしかしたら自然免疫そのものを鍛えているのでは?という仮説が出ています。

3.2 ダイヤモンドプリンセス号は結局どのぐらいの人が陽性だったか

ダイヤモンドプリンセス号という密室に近くて、換気の悪そうな船に乗客乗員合わせて約3700人ほどが閉じ込められていました。感染症のちゃんとした対策もされておらず、岩田先生が「やばい」と発言されておりました。

 

じゃあそういう状況の中で、全体の何割の人が感染したんですかというと、結局2割いってないのですよね。すごく感染しそうな環境にいて、そこで何週間も一緒にいたのに、2割いってません。(https://www.mhlw.go.jp/content/000598727.pdf

 

 

ダイヤモンドプリンセス号の3700人と言うサンプルでこの結果が出ているわけですから、コロナウィルスの危険性についてもう少しわかりそうな気がします。

 

仮に再生産数が2.5であれば、3000人なんてあっという間です。(再生産数が何日で計算しているのかがわからないのですけれど)

おわりに

以上、コロナウィルスで個人的に気になったことでした。こういう緊急事態に、政府の対応力、マスメディアの報道の仕方、国民性が出ますね。いやはや、311の頃から何も変わってないような気がします😱

 

参考までに。それでは!

 

*記事の内容を簡単に動画でまとめています↓↓↓

新型コロナウィルスの第一波で印象深かったこと

コメント