少子化で大学が潰れそう・・・。いや減っても良いでしょう。

少子化で定員割れの大学が増えているそうです。
まぁ仕方がないことだよね。というか無駄に大学が乱立するほうが社会としては良くない気がするんだ。

そもそもなぜこんなにも大学が増えたのかを考えてみましょう。

大学新設の許認可権は文科省が持つ

大学というものを作ろうと思ったら国が認可する必要があります。
その許認可権を持つのが文科省。
つまり文科省の「利権」ですね。

この認可を受けることで私立の大学は助成金をもらうことができるのです。
この助成金は年間約3000億円なり・・・

これって「ばらまき」じゃない?と思うのは僕だけではないはず。
定員割れするような大学に助成金を払う必要があるのかどうかが気になるところです。
大学のあり方を問わないとだめですね。

私学の助成金

ちなみに私学に助成金を払う理由として以下に文科省から引用しておきます。

我が国の学校教育のなかで私立学校は学校数、学生・生徒等の数共に全体の大半を占めるなど大きな役割を果たしており、私学の振興を図ることは学校教育の発展を図る上で重要であるので、国は法令に基づき私学助成を行っています。
 具体的には、1私立の大学、短期大学、高等専門学校の教育研究条件の維持向上及び修学上の経済的負担の軽減に資するとともに、経営の健全性を高めるため、私立大学等の教育又は研究に係る経常的経費を対象として、日本私立学校振興・共済事業団を通じるなどとして学校法人に補助している「私立大学等経常費補助金」、2私立の高等学校、中等教育学校、中学校、小学校、幼稚園及び特別支援学校の教育条件の維持向上及び修学上の経済的負担の軽減に資するとともに、経営の健全性を高めるため、都道府県が行う私立高等学校等の経常費助成費に対し国が補助している「私立高等学校経常費助成費等補助金」、3私立大学等における教育研究の充実と質的向上を図るため、私立の大学の研究施設、研究装置並びに私立大学等及び専修学校(専門課程)の教育装置の整備や防災機能の強化に要する経費、または、私立高等学校等における教育施設の高機能化、学校施設の防災機能の強化、環境に配慮した施設づくりに要する経費を対象として学校法人等に補助している「私立学校教育研究装置等施設整備費補助金」、4私立の大学における研究設備等の整備や私立高等学校等のコンピュータ等IT教育設備の整備に要する経費を対象として学校法人に補助している「私立大学等研究設備整備費等補助金」、5私立学校施設の高度化・近代化を推進し、教育研究条件の充実向上を図るため、日本私立学校振興・共済事業団の融資を受けて老朽校舎改築事業等を行った学校法人に対し、利子助成を実施するための「私立学校施設高度化推進事業費補助金」などがあります。

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/002.htm

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/002.htm

高校も含めると4300億円の助成金が使われていますね。

私学は国立と違って「国の教育方針に従わなくて良い!」という利点がありそうですが、
助成金頼みのところでは結局国立と変わらずに文科省の官僚の言いなりになってるんでしょうね。

国立大学の法人化

平成16年度に国立大学は独立行政法人となりました。
独立行政法人とは、公共上必要な業務について国が財政措置をしながら、実際の運営は独立した法人に任せるというものです。

国管理より、民管理にしたほうが市場原理が働き、仕事の合理化、サービスの向上が起こるのが歴史的見解です。
財政が苦しい国としては大学も独立行政法人化にすることで税金の出費を減らそうとしたんですね。

でも問題発生です。
中途半端に民営化した大学は、進むべき方向が定まってないのです。

国としての教育的立場、民間会社から求める人材のミスマッチが起こっているのです。
端的に言ってしまえば民間会社が大学に求めるのは「大学の就職予備校化」。

さすがに東大クラスの大学にはそんなもの求めていませんが、レベルの低い大学にはそれを求めているようです。
就職予備校化になれば、文学部などの文系学部は完全に必要なくなってしまいます。

 

さてさて・・・大学の問われ方が大きく変わってきています。
納税者の皆さんどう思いますか?

私学にたっぷりと助成金をばらまくべき?
中途半端な大学は就職予備校化しても良い?

 

参考
時論公論 http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/222151.html
文部科学省 http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/houjin/03052702.htm

「へ〜」と思ったら
「いいね!」お願いします

SNSでもご購読できます。

運営者:福山和寿

犬好きのアラサー男子。

モットーはだらけきった正義。
趣味はまったり読書、そわそわテニス観戦、適度な筋トレ。
将来の子どもたちのために何かできることはないかと模索中です。

サイトの内容を分けることにして、子どもの教育に関するサイトと、健康に関するサイトを新しく作りました。

 

記事によって「である調」や「ですます調」になっていますが、気分によって使い分けているだけなので、あまり気にせず読んでいただければと思います。

 

特定商取引に関する表示