色々な予定表アプリなどを使ったけど、やっぱり手書きが一番だなと思った

スポンサーリンク

色々な予定表アプリなどを使ったけど、やっぱり手書きが一番だなと思った

Mac・iPhoneカレンダー、Googleカレンダーなどの予定表アプリやら、手帳などなどを色々試した結果、「やっぱり手書きが一番だなぁ」と思いました。

逆に言えば、自分の使いたい予定表アプリがないので、自分にアプリを作る技術があったら作ってみたいなと思うところです・・・勉強する気もないんですけどね(´・ω・)

さてさて、今回の記事では私が使っている手書きの予定表をご紹介したいと思います( ´∀`)

スポンサーリンク

7つの習慣の予定表をベースに作成

私の作成した予定表は名著『7つの習慣』にあったものをベースに作成しております。(チョコチョコ変更していて、元がどんな予定表だったのか忘れているんですけど笑)

んで、エクセルで作ったのがコレ。

予定表を自分で作ってみた

印刷してノートに貼るスタイル

昔は、予定表やらメモ帳やら付箋やら・・・と、色々持ち歩いていました。
でも、「あーーー荷物増えてめんどくさし!!!」となったので、1冊のA4ノートに全てをまとめることにしました(`・ω・´)”

  • 予定表は印刷してノートに貼る
  • 会議にも同じノートを持っていく
  • メモも同じノートにする
  • すべてのことを1冊のノートに書く

ということにしたところ、荷物も減ったし、使い分けも減ったので、スッキリしました。(選択疲れを減らすことに成功)

予定表の使い方

ブロックに分けて説明していきます。

1週間の予定はここに書く

予定表を自分で作ってみた

普通の習慣予定表と同じく、赤枠内に予定を書き込みます。
私の場合は、9時から21時までしか仕事は入れないことにしているのでこのような表になっていますが、エクセルを使えば時間も変更可能です。

自分の役割と目標を記入し、自覚する

 

予定表

ここには今週の目標を書いていきます。
目標も色々ありますよね?

例えば、

  • 父親として
  • 彼氏として
  • 友達として
  • 叔父叔母として
  • 祖父母として
  • 自分の成長のためにやりたいこと
  • 進めたいプロジェクト
  • 行きたいお店

などなど、色々あると思います。

予定表を見返すたびに今週の目標を目にするので、“目標を忘れることを防ぐ”ことができます。

今日やったことを記入し、モチベアップ

予定表

この赤枠内には『今日やったこと』を記入していきます。
私は『正の字』で回数を記入しています。

例えば、腕立てを50回したら『正』を書く、みたいな感じです。

毎日の記録を残すことで、モチベーションを保つことができるんじゃないかと思っています。

今週のまとめをする

予定表 まとめを記入

1週間が終わると、この赤枠内にまとめを書いていきます。

  • 今週できなかったこと
  • 今週のまとめ

と2つ書けるようにしています。

例えば、「本を3冊読みたかったけど、1冊しか読めなかった」なんて感じに記入しています。
読めなかった分は、次の予定表の『今週の目標』のところに書いたりしています。

まとめ

この記事では『私の予定表』について書いてきました。

今のところ、この予定表に落ち着いています( ´∀`)
ほとんどの予定表アプリやら手帳やらには、『今日やったこと』を書くところがないんですよね。

モチベーションを保つためには、“毎日どれくらいやってるか?”を可視化することが大切だと思っています。
日々やっていること、できなかったこと、を記入することで、自分の生活を正せている気がします。(気がするだけかもだけど笑)

もし、「この予定表ファイルが欲しいぜ!」という方がおられましたら、ご連絡ください。
エクセルファイルかなにかで渡したいと思います〜。

今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメント