家事サービスまでアマゾンプライムで無料になるかも?

amazon家事サービス

本日も「Gallagher Note」をお読みいただきありがとうございます。
こんにちは、福山です。

Forms Japanよりアマゾンが家事サービスを無料でプライム特典にする計画をしていることを記事にしていました。「え?アマゾンさん、マジで」とびっくりするニュースです。プライム会員としたらもう喜ぶしかないようなニュースですよね。本当に実現するかはわかりませんが、アマゾンって化け物ですね〜。

リンク→アマゾン、無料「家事サービス」をプライム特典に計画中

アマゾンの家事サービス

そんなアマゾンの次の戦略は、プライム会員向けに無料の家事代行サービスを提供することのようだ。シアトル・タイムズに掲載された求人広告には次のように掲載された。「アマゾン・アシスタント募集。二人一組のチームで、家庭の整頓や洗濯、買い物、簡単な片付けを行なう」

今回の新サービスはアマゾンが昨年スタートした、業者らが地域のプロたちを雇って行なう「アマゾンホームサービス」とは別のラインで行なわれるものらしい。アマゾンは今年9月、プライム会員向けプションとして、不在時に指定した配達員が家に立ち入り、配達を行なうサービスも開始していたが、これに続く流れの一貫と見られる。

アメリカのアマゾンではプライムの年会費は99ドルと、日本よりかなり高めなので可能になるかもしれないサービスです。日本の今のプライム会員の料金で家事サービスまで利用できるようになったら神サービスになること間違いなしです。

ただでさ今でも神サービスなのに・・・(`・ω・´)”

しかし、家事サービスって賢いですよね〜。家事ってなくなりませんからね。料理を作れば台所を掃除する必要があるし、お風呂に入ればお風呂掃除をする必要があります。つまり継続可能なビジネスモデルってことです。

今の時代って消費の時代ではなくて、製品を長く使う時代です。例えば掃除機なんて1年に1度も買い換えないですよね?より吸引力が強くなり、より電力を消費しなくなって、より壊れにくくなっている掃除機。性能を良いものを作れば作るほど、消費者の買い換え率は悪くなります。

だからハードを作るメーカーって今の時代は大変そう。日本の家電業界をみていればわかることですよね。

掃除機を掃除する仕事がこれからは大切にされそうです。だから家事サービスって本当に賢いと思います。

 

さてさて、アマゾンがなぜここまで多彩なサービスを展開できるかということを少し考えてみると・・・

人は一度に多くのサービスを利用することができないってことです。

例えば、アマゾンで映画を観ていれば、音楽を聞くことはできないし、本を読むこともできません。

多彩なサービスがあるのですっごくお得に感じますが、それを同時並行的には利用することができないのです。これがアマゾンのサービスを支えているのですね。

 

「へ〜」と思ったら
「いいね!」お願いします

SNSでもご購読できます。

運営者:福山和寿

犬好きのアラサー男子。

モットーはだらけきった正義。
趣味はまったり読書、そわそわテニス観戦、適度な筋トレ。
将来の子どもたちのために何かできることはないかと模索中です。

サイトの内容を分けることにして、子どもの教育に関するサイトと、健康に関するサイトを新しく作りました。

 

記事によって「である調」や「ですます調」になっていますが、気分によって使い分けているだけなので、あまり気にせず読んでいただければと思います。

 

特定商取引に関する表示

コメントを残す

*