【全豪オープン2017】錦織・マレー・ジョコ・フェデラー・ナダルの戦いを観るならWOWOW

全豪オープンテニス2017

本日も「Gallagher Note」をお読みいただきありがとうございます。
こんにちは、福山です。

今年も全豪オープンテニスの季節がやってきました。今年度初となる4大大会の1つである『全豪オープン』が1月16日より開催されます。

もう今から楽しみすぎですねぇ。ということで、全豪オープン2017の情報についてまとめてみました。

歴代の全豪オープン覇者

さてさて、歴代の全豪オープンの覇者を見てみましょう。

  • 2007年:フェデラー
  • 2008年:ジョコビッチ
  • 2009年:ナダル
  • 2010年:フェデラー
  • 2011年:ジョコビッチ
  • 2012年:ジョコビッチ
  • 2013年:ジョコビッチ
  • 2014年:ワウリンカ
  • 2015年:ジョコビッチ
  • 2016年:ジョコビッチ

もう、ジョコビッチばっかり笑。

ジョコビッチからしたら3連覇がかかった大事な試合になりますね。昨年末、ランキング1位をマレーに明け渡したジョコビッチ。昨年はジョコビッチの年になるだろうと言われていましたが、そこまで調子よくありませんでしたからね。今年のジョコビッチはどうなるでしょうか。

全豪オープン2017の試合日程

試合は1月16日(月)〜1月29日(日)になっています。

オーストラリアの開催なので、時差も2時間と少ないのですが、仕事があると見にくいのが欠点・゜・(ノД`)

ちなみに日本の方が遅いので、メルボルンで午前10時は日本の午前8時になります。

全豪オープン2017出場選手

今のところ参加するであろう選手をランキング順に載せていきます。ただ・・・全部入れると128名と超多いので、トップ20までにします。

  1. マレー
  2. ジョコビッチ
  3. ラオニッチ
  4. ワウリンカ
  5. 錦織
  6. チリッチ
  7. モンフィス
  8. ティエム
  9. ナダル
  10. ベルディハ
  11. ゴフィン
  12. ツォンガ
  13. キリオス
  14. バウティスタ
  15. プイユ
  16. フェデラー
  17. ディミトロフ
  18. ガスケ
  19. イスナー
  20. カルロビッチ

フェデラーは16位なんですね〜。その下の17位が、この前のブリスベン国際で錦織に勝ち優勝を飾ったディミトロフです。錦織の方が断然上のランキングだったので、ブリスベン国際は勝ちたかったですね。

全豪オープンを観るには?

そんな楽しみな全豪オープン。これを観るためにはWOWOWに契約しちゃいましょう!去年、NHKで録画放送されたので、今年も録画放送されるんじゃないかなと思いますが、スポーツの録画放送ほどつまらないものないよね?だってこのネットが発達した社会ですから、すぐに速報で結果がわかっちゃうんだもん。手に汗握る試合を観るためにはやっぱり生中継ですよ。

ってことで、皆さんWOWOWに契約しちゃって、一緒に全豪オープンテニス2017で盛り上がっちゃいましょう。WOWOWの契約の仕方や料金については過去記事を参考にしてください→【まとめ】気になるWOWOWの料金と加入方法。ついでに解約方法も。

全豪オープン2017 試合結果

1回戦

錦織、フェデラー、ナダル、ジョコビッチ、マレー、全員が初戦を突破し2回戦進出を決めました。

久しぶりにフェデラーの試合を観ることができたので、とても嬉しかったです。1セット取られた時は焦りましたが、徐々に動きも良くなっていってました。錦織とフェデラーが順当に勝ち上がれば、4回戦で当たるので、この試合を是非とも観たいんですよねぇ。ワクワク

2回戦

錦織、フェデラー、ナダルは3回戦進出を決めました。が、しかし、ジョコビッチがなんと敗退しました。

イストミンがすごく良いプレーをしていました。30歳の選手で、未だかつてATP250で1勝しかしたことないようですが、まさかのジャイアントキリング。

ジョコビッチの3連覇を早くもくじくとは・・・。いやぁ面白い試合でした。フルセットまでいく超激アツな試合でしたから。

ジョコビッチがいなくなったことだし、錦織が全豪で優勝できる可能性がまた1つ増えました。4回戦でフェデラーと当たるとしても、今は錦織の方が強いはずですからね。ますます目が離せない全豪オープン2017!!

3回戦

錦織がラッコにストレート勝利、フェデラーがベルディヒにストレート勝利、よってフェデラーと錦織の試合が決定しました!!!!

た、楽しみすぎる!!!若さ的にも錦織の方が断然有利だと思ってたのですが、今日のベルディヒ戦のフェデラーを観ると、考え方が変わりました。

フェデラー超強いの。

ベルディヒが全く相手になってませんでした。

フルセットまでもつれ込むとさすがに体力的に錦織が有利だと思いますが、フェデラーのペースに巻き込まれたら錦織は負ける可能性大アリです。

本当にいい勝負しそうなので、これから楽しみですね(`・ω・´)”

ナダルは若手のホープ、ズベレフ(弟)に勝利しましたが、マレーはズベレフ(兄)に負けるという番狂わせ。第1シード(マレー)、第2シード(ジョコビッチ)が4回戦に進出しないのは、2002年以来のことだとか。

男子テニス界が変わってきていますね。

4回戦

錦織vsフェデラー、フルセットの末フェデラーが勝利しました。フルセットにまでもつれ込んだので、体力的に錦織の方が有利かと思っていたのですが・・・35歳のフェデラーが化け物すぎました。

最初は錦織がフェデラーを圧倒していたので、完全に世代交代か〜と思っていたのですが、どんどんフェデラーが調子を上げてきて、最後までサーブの調子が崩れることなく錦織を圧倒していました。

数字的にはフルセットまでもつれ込んだ、接戦のように見えますが、試合内容的にはフェデラーの凄まじさが観客に伝わったと思います。それほどフェデラーのすべてのプレーの質が高かったです。

個人的にはフェデラーのバックハンドはまだ進化しているなと思いました。

ナダルはモンフィスを倒し、5回戦に進出です。

準々決勝

フェデラーの対戦相手は、世界ランキング1位のマレーを倒したズベレフです。が、フェデラーが圧倒してストレート勝利を収めました。

準決勝の相手は、ワウリンカで、スイス対決が行われます。

ナダルがラオニッチを下して、準決勝へと駒を進めました。準決勝の対戦相手はディミトロフになります。

ベスト4のうち3人が片手バックハンドの選手です。(うち2人はスイス人)

片手バックハンドキラーのナダルさんがかなり優勝候補として有力ですね〜。それにしても、決勝でフェデラーとナダルの対決を見ることができるかもしれません。超ワクワクです。

準決勝

スイス対決を制したのは、フェデラーです。2セット目までは完璧とも言える内容でフェデラーがとったので、このままストレート勝ちするかと思いきや、いきなりフェデラーにミスショットが目立つようになり、そのまま2セットともワウリンカに取られました。

この後フェデラーがメディカルタイムアウトをとりました。

そして、ファイナルセットへ。かなりの接戦でしたが、勝利したのはフェデラー。素晴らしい試合でした。

 

ディミトロフとナダルもフルセットの勝負になりました。僅差でしたが勝利したのはナダル。そしてナダルとフェデラーの頂上決戦が実現されました。

決勝

優勝したのはフェデラー。

決勝戦もフルセットとなる激しい試合でした。この試合は確実にテニス界に歴史を残しました。35歳のフェデラーと30歳のナダルの対決。

フェデラーのバックハンドは確実に進化していました。いつものようにナダルのバック責めが始まったのですが、今回はいつもと違いました。

フェデラーがバックハンドウィナーをバシバシ決めたのです。

この歳にしてフェデラーのバックハンドは完成されたのかもしれません。

ファイナルセット、先にブレイクしたのはナダルでした。このままフェデラーが負けるのかと思いきや、ナダルのサービスゲームのたびにブレイクポイントを握り、とうとうブレイクに成功。そして立て続けにもう一度ブレイクしたのです。

本当に素晴らしい試合でした。この記事を書いてる最中にも涙腺が緩んでます笑。

「へ〜」と思ったら
「いいね!」お願いします

SNSでもご購読できます。

運営者:福山和寿

犬好きのアラサー男子。

モットーはだらけきった正義。
趣味はまったり読書、そわそわテニス観戦、適度な筋トレ。
将来の子どもたちのために何かできることはないかと模索中です。

サイトの内容を分けることにして、子どもの教育に関するサイトと、健康に関するサイトを新しく作りました。

 

記事によって「である調」や「ですます調」になっていますが、気分によって使い分けているだけなので、あまり気にせず読んでいただければと思います。

 

特定商取引に関する表示

コメント

コメントを残す

*