フィンランドのベーシックインカム1年目の調査結果

スポンサーリンク

2年前、フィンランドでベーシックインカムの社会実験が世界で初めて開始されました。そして、1年目の調査結果が発表されました。2年目の結果は来年に発表される予定だそうです。

「おカネをただで配りましょう」ベーシックインカム実験の結果はどうなった フィンランドからの報告(木村正人) - Yahoo!ニュース
最低限度の生活を保障するため市民全員に現金を配りましょうというベーシックインカムの社会実験が世界で初めてフィンランドで開始されたのは2年前のことです。

ベーシックインカム支給の条件は以下の通り。

実験は2017年1月から2年間にわたって実施されました。25~58歳の失業者の中からランダムに2000人、性別では男性52%、女性48%、年齢別では25~34歳30%、35~44歳30%、45~58歳40%を選びました。

従来の基礎失業給付や労働市場補助金を停止する代わりに月額560ユーロ(約7万円)のベーシックインカムを支給しました。

一年間の調査の結果、

  • 健康状態は良くなった
  • ストレスは減った
  • 就労状況は改善されなかった

とのことでした。大方、予想通りといったところではないでしょうか。2年目の調査結果が待たれますねぇ。

 

ベーシックインカムで期待できることは、

  • 健康状況が良くなる→医療費の削減
  • 福祉系を一元化できる→行政コストの削減→公務員がそんなにいらなくなる
  • 生産性が低い社員をクビにできる→市場の流動化

ということですので、この実験だけではまだまだ分からないこともあるでしょうが、ベーシックインカムに向けて動きがあるので期待できます。それでは!

コメント