【読書メモ】いまさら聞けないビットコインとブロックチェーンを読んで

スポンサーリンク
 

#いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン #読書 #大塚雄介

福山和寿さん(@fukuyamakazutoshi)がシェアした投稿 –

コインチェック株式会社共同創業者兼COOの大塚雄介さんの『いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン』を読みました。
この前の記事『仮想通貨ビットコインより知っておくべきブロックチェーンとは?本を数冊読んでまとめてみた』に引き続き、ビットコインとブロックチェーンについて学んでいます(`・ω・´)”

気になったところをメモしていきます“φ(・ω・。*)カキカキ

スポンサーリンク

ビットコインのアレコレ

ビットコインとクレジットカードの違い

クレジットカード会社は、僕たちがモノを購入した際に“一時的に代わりに支払ってくれる”ところです。
つまり、クレジットカード利用者にとっては一時的にクレジットカード会社に借金をすることになります。

クレジット(信用)という言葉の意味通りですね。

信用が高い人ほど、利用限度額が高くなるわけです。
普通は50万円くらいが限度額かなぁと思います。

クレジットカードに対してビットコインの支払いは、通貨の移動なので、“借金をする”なんてことはありません。
だから、クレジットカードと違って自分の持ってる額しか払うことができません。

ビットコインの最初の取引ってなに?

ビットコインの最初の取引ってなんだと思います?
この本を読んで一番びっくりしたことがコレです。

この取引が起こることで、仮想通貨が初めて現実世界でも通用できるようになったのです(`・ω・´)”
だから最初の取引ってなかなか偉大なことだと思います。

2010年5月22日に「ピザ2枚= 1万BTC」の取引が成立したのが最初です。現実の「モノ」と交換できたことで、リアルな価値を持ちました。5月22日は「ビットコイン・ピザ・デイと呼ばれるお祭りの日となっています。p116

ちなみに、1万BTCって今の額でいうとやばいです笑。
2017年11月現在、1BTCは80万円を超えています。

ということは、80万円×10,000なので・・・80億円です笑!!
ビザ、高いーー!!!

いや〜今がいかにビットコインバブルかというのが分かりますね〜。

スポンサーリンク

ブロックチェーンはたった1本の鎖である

ブロックチェーンについて、すごく分かりやすく書いてあったので引用します。

ブロックチェーンには、①たった1本の鎖である、② 1方向にしか流れない(不可逆的である)、という2つの特徴があり、そのことがコピーや二重取引等の不正防止に重要な意味を持っています。

ビットコインのすべての取引はたった1本の鎖に記録されていますが、この鎖は、どこか1カ所のサーバーに保管されているわけではなく、P2Pネットワークに接続したすべてのコンピューターにまったく同じ鎖が保存されています。p159

ブロックが連なりあって、たった1本の鎖ができているというのが、僕にはイメージしづらいところです。
全てのビットコインの取引が1つのブロックに残されるのも「すげーな」としか言いようがありません。

生物を勉強していた身としては、ついついDNAをイメージしてしまいます。
DNAと呼ばれる体の設計図は、1本鎖(正確には2本鎖)で長々と続いているので、ビットコインもそんなものなのかなぁと。

既存の銀行ってやばいんじゃね?

この本の後半は『フィンテック』について書かれています。
個人的にはこの辺りがすごーく興味深くって面白かったです( ´∀`)

フィンテックというのは、既存の金融機関にITを導入したもので、低コスト&スピーディーになっているものです。
有名なフィンテック企業といえば、

  • テオ(THEO):資産運用
  • マネーフォワード:入出金管理
  • freee:会計

などなどですが、ビットコインも同然のことながら、メルカリなどなど、個人と個人のお金をつなぐ系のサービスはだいたいフィンテックです。

んで、顧客情報のデータをがっつり持っている企業は、今まで銀行がやっていたサービスを奪っちゃうんじゃないかってな話なんです。

例えば楽天なのですが、楽天市場に出店している事業者向けに『楽天スーパービジネスローン』というものをやっていて、50万円から3000万円の範囲なら貸し出しちゃうんですって。
楽天市場に出店しているということは、楽天が各店舗の決済データを持っているということです。

他にも、

  • 楽天銀行
  • 楽天カード
  • 楽天証券

などで顧客情報は掴んでいるし、楽天グループ内でグルグルとお金を回すことができるので、低金利で融資ができるんですって。
いやー楽天すごい。

楽天の他にも、アマゾンもマーケットプレイスの事業者向けに最大5000万円まで融資する『アマゾンレンディング』をやっています。
こちらも楽天同様、アマゾンに出店している決済データを握っているため、貸し倒れのリスクを低くした融資ができるとのことです。

これね、もう普通の銀行ピンチすぎるでしょ笑。
これからどんどん稼ぐポイントを取られていくのでしょうね。

大手銀行が人員削減を始めたのも納得なのです。

スポンサーリンク

まとめ

この本が今まで読んだビットコインとブロックチェーンの本の中で一番読みやすかったです(=゚ω゚)ノ
入門編としてどうぞです!

ビットコインがこれからどうなるのかはわかりませんが、ブロックチェーンという技術、ビットコインが何をやろうとしているのか?、それは知っておいたほうがいいんじゃないかなーと思います(`・ω・´)”
今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

こちらの記事もどうぞ

1.アマゾンプライムがお得すぎる→【最新版】超お得なプライム会員11のメリット!デメリットあるの?


2.僕が使ってるクレジットカードとポイント還元サイト→毎日のお買い物がちょっとお得になるクレジットカードとポイント還元サイト


3.スマホ代に月々8000円はもったいないです。他のことに使いましょ!→本を買うお金がない?ちゃんと格安SIMにしてスマホ代削ってる?


4.人生の糧になったもの→オススメの本・漫画・映画・音楽・ガジェットなど


メルマガも始めたので、僕と絡みたい方はぜひご登録を!


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*