『才能の正体』を読んで

才能の正体 本の感想
スポンサーリンク

『才能の正体』を読みました。

ビリギャルの著者の坪田さんの本になります。いい本だと思いました。

「結果というものは後付けによって評価される」というところが胸に響きました。

  • 結果が出る→才能あり
  • 結果が出ない→才能なし

私たちは、このような狭い価値観で往々にして才能というものに評価を下します。そんなのよくないですよね。

読書メモとして簡単に動画にしています↓↓↓

才能の正体【読書メモ】
本を読むときに便利なモノ・サービスをこちらのページで紹介しております→→→本が好きな人ならチェックしておきたいモノ・サービス

コメント