『ニッポン2021−2050』を読んで

ニッポン2021−2050本の感想
スポンサーリンク

『ニッポン2021−2050』を読みました。

猪瀬直樹さんのことをあまり知らなかった私としては、「猪瀬直樹さんってマジですげー人なんや!」と驚かされる本でした。メディアによって東京都知事を下ろされた能力の高いドンマイな人という認識しかなかった自分を恥じております。

猪瀬さんが東京都知事だったら・・・悔やまれます。そんなことがわかる一冊かと。落合陽一さんについては若い人でも目にする機会がバンバンあると思うのでこの本じゃなくてもいいかと思いますが、猪瀬直樹さんを若い人が知るにはこの本がいいのではないでしょうか。

時間があるときに猪瀬さんの著作を読み進めようと思います。いやー、猪瀬さんの功績を知らなかった自分に絶望。

読書メモとして簡単に動画にしています↓↓↓

ニッポン2021−2050【読書メモ】
本を読むときに便利なモノ・サービスをこちらのページで紹介しております→→→本が好きな人ならチェックしておきたいモノ・サービス

コメント