『ファンベース 支持され、愛され、長く売れ続けるために』

スポンサーリンク

キングコングの西野亮廣さんがオススメしていたので読んでみた。おもしろかった。西野さんの思想とも似ている。とにかく「一見さんよりもファンを大切にしろ!」がキーワード。

 

なぜファンを大切にしなければならないのか?それについて具体的に書かれている本だ。Twitterでフォロワーを増やそうとしていたり、YouTubeでチャンネル登録者数を増やそうとしている人は必読だろう。

スポンサーリンク

バブルを生きた人たちには分かりづらいのが『ファン』という概念だ。ファンを増やさなくても、売り上げは簡単に増やせたのがバブル時代なのだ。日本の人口も増えていたし、消費も増えていたし、なにより日本が驚くべきスピードで成長していた。

 

でも、これからは違う。人口は毎年100万人減る。若者より高齢者が増える。社会保障費の負担は若者に押し付けられるので、若者の消費は冷え込むのである。時代は大きく変わっているのだ。

 

そうなると、若者は貴重なお金を使うのをしぶるようになる。無駄には使ってられない。だから慎重に選ぼうとするのだが、昔に比べてモノは倍以上に増えているので選ぶのも大変だ。誰もが情報の海に溺れかけ、常に頭がパンクしそうになっている。

 

だからこそ売り手は『ファン』を作っていかなければならない。なぜならファンは迷わないからだ。「あそこの会社の製品は間違いないわ」と迷わずに選べることが、消費者としてもうれしいのである。

 

ではどうやってファンを増やしていくのか?ポイントは以下の3つに集約される。

  1. 共感させる
  2. 愛着を持たせる
  3. 信頼関係を築く

最近ではよく耳にする言葉だ。

ただこれは『当たり前』のことである。人として当たり前のことをやっていれば、自然とファンは増えていくのだ。たぶん、バブル期の考え方が異常だったのだと思う。しかしバブル期思考の人たちがまだ会社の上層にいるので、「人気タレントを使ってCMを打てばいいんや!」「新規顧客をゲットするんや!」みたいなことになっている。社員も消費者も疲弊するばかりである。

 

疲弊の構造を脱出し、社員も消費者もプラスになるような仕組みが『ファンベース』なのだ。具体的な方法については本書をお読みいただきたい。

 

*記事の内容を簡単に動画でまとめています↓↓↓

ファンベース 支持され、愛され、長く売れ続けるために【読書メモ】

コメント