『デジタルネイチャー』を読んで

デジタルネイチャー 本の感想
スポンサーリンク

『デジタルネイチャー』を読みました。

非常に難しくて、あまり理解できませんでした。難しい言葉もガンガン登場するんですね。

例えば、「理事無碍」という言葉が出てくるのですが、読めないし、意味も不明すぎます。辞書を調べても書いてないですし笑。ググると出てきました。

落合陽一、竹中平蔵、松本理寿輝らが語る未来の東京『HIP Conference vol.7』 | 記事 | HIP
インタビュー、イベントレポートなどイノベーティブな現場をいち早くHIPが独占でお届けします。

他にも「碍害」という単語が出てきて、こちらも辞書に載っておりませんでした。ググると答えが出てきました。

はい、こちらは誤植でした。

 

まー、非常に読み応えのある本でした。時間があるときにどうぞです。

読書メモとして簡単に動画にしています↓↓↓

デジタルネイチャー【読書メモ】
本を読むときに便利なモノ・サービスをこちらのページで紹介しております→→→本が好きな人ならチェックしておきたいモノ・サービス

コメント