『いつかリーダーになる君たちへ』を読んで

いつかリーダーになる君たちへ 本の感想
スポンサーリンク

『いつかリーダーになる君たちへ』を読みました。

大学生の時に読みたかった本です。著者の安部敏樹さんはソーシャルビジネス『リディラバ』の代表でして、社会問題を解決しようとしているお方です。

正直なところ、社会問題ってほとんどの人が興味ないと思うんです。だって、あんまりお金にならなさそうですし、よくわからないですし。

 

だからこそ、社会問題の解決を人に伝えるのは超困難なのです。それに、見たくないものって見たくないじゃないですか。社会の問題を知ったくせに何も行動しない自分を見たくないじゃないですか。だから臭いものには蓋をするという習性が発動してしまうわけで、社会問題はなかなか解決しないのだと思います。

 

その問題を解決しようとし、ビジネスとして動かしている安倍さん。社会問題を解決するには1人ではできません。仲間を作る必要があります。ではどうやって課題を共有し、仲間とともに意見を出し合って、よりよい方法を見つけていくのか?そのために必要な情報が分かりやすくまとまっている本でした。素晴らしい本だと思います。

 

読書メモとして簡単に動画にしています↓↓↓

いつかリーダーになる君たちへ【読書メモ】
本を読むときに便利なモノ・サービスをこちらのページで紹介しております→→→本が好きな人ならチェックしておきたいモノ・サービス

コメント