『生活保護vsワーキングプア』を読んで

生活保護vsワーキングプア本の感想
スポンサーリンク

『生活保護vsワーキングプア』を読みました。

2008年の本になります。10年以上経ってますが、生活保護の話は変わってないんじゃないかなーと思います。でもこれからの時代は、2008年と比べて、AIやロボットがさらに発達してくる時代。「AIやロボットがやってくれるから、働かなくてもいいんじゃね?」という風潮には徐々になっていると思います。

 

生活保護は恥ずかしくありません。自立するためのセーフティーネットなのです。ブラック企業に勤めて、精神を病んで自殺や過労死する前に、生活保護を申請しましょう。軽いうつ病診断されたら、生活保護を受理するしかないようなので。

読書メモとして簡単に動画にしています↓↓↓

生活保護vsワーキングプア【読書メモ】
本を読むときに便利なモノ・サービスをこちらのページで紹介しております→→→本が好きな人ならチェックしておきたいモノ・サービス

コメント