政治・経済・時事問題・歴史

政治・経済・時事問題・歴史

気になる企業の資金調達方法

たまにふと気になることがあれば、本やネットで調べてみるのですが、今日は企業の資金調達ってどうやってるんだろう?と思ったんです。ぱっと考え付くのが、銀行から融資を受けることと株くらいなのかなぁと思いつつ調べてみました。
政治・経済・時事問題・歴史

モノの値段が決まる需要と供給を理解しよう。

需要と供給でモノの値段は決まっていきます。当然のことといえば当然なので、そんなこと言われなくてもわかるよ!と思うかもしれませんが、当然だと思うことに目を向けることが重要なんですよね。前回も言いましたが、物理学者ニュートンはりんごが木から落ち...
政治・経済・時事問題・歴史

経済学を理解するための4つの考え方

突然ですが、何にでも基本的な考え方がありますよね? 物理学で言えば、物体の動きを観察し、そこから式を導き出し、実験により再現する。 数学で言えば、仮定し、仮定について思考し、証明する。 さて経済学ではどんな基本的な考えがあるのでしょう...
政治・経済・時事問題・歴史

世の中を知るうえで役に立つ経済学について学ぶ(初学者向け)

経済学は難しそうなイメージがあります。 しかしイメージなだけであって、たぶんそこまでは難しくはないと思うんですね。 深く知るにはやはり学問である以上難しいと思います。 でも私たち素人が知る基本的なことだけなら、そこまで努力しなくて...
政治・経済・時事問題・歴史

改正労働者派遣法の成立について考えてみる。あんまり変わらないよねぇ。

労働者派遣法が改正されました。どうなったかというと、今までは派遣社員として最長3年までしか同じところで働けなかったのです。この3年という上限を撤廃することと、同じ部署で働ける期間を3年に制限しました。ん?どうゆうことや?疑問に残るので、少し...
政治・経済・時事問題・歴史

シリア難民の受け入れと日本

シリア難民をめぐる悲痛なニュースが相次いでおり、欧州へ逃げ込む難民が増えていると報道されています。 欧州に逃げ込むということは実際は簡単ではなく、移動中にも何人もの人が亡くなっています。 そのリスクを負ってまで「逃げたい」ということです...
政治・経済・時事問題・歴史

世界貿易が始まる際に必要となった「金本位制」

今では普通に世界の国々と貿易を行っている。もちろん、物々交換などではなく「お金」で取引を行っている。1ドル=120円と、自国の通貨と外国の通貨のレートが決まってたりするのだけど、これってどうやって決まってきたのでしょうか?普通すぎて気づかな...
政治・経済・時事問題・歴史

就職活動の後ろ倒しとはなんだったのか。

今年の大学生は就職活動が後ろ倒しになっていました。どういうことかというと、去年までは就職活動が年始から開始し、面接が4月から始まるというものだったのに対して、今年からは4月から就職活動が開始し面接は8月からスタートという方針に切り替わってい...
政治・経済・時事問題・歴史

両替商から銀行へ発展。そして日本銀行の設立へ。

明治になると「両替商」は「銀行」として発展しました。 「お金」の概念の誕生を読んでいると分かりやすいと思います。 銀行の銀行と呼ばれる「日本銀行」がなぜできたのか? 今回はそれについて学んでいきましょう!
政治・経済・時事問題・歴史

なぜお金はできたのか?「お金」の概念の誕生について学ぶ

「充実感」がどの時代でも必要だと思います。 例えば、金持ちだけで充実感ゼロより、金ないけど充実してるって人の方が死ぬ時しあわせだと思います。 「お金がしあわせの尺度」じゃない!ということですね。 今が充実してる人が本当の意味で「勝ち組...