小選挙区制?比例代表制?大選挙区制?選挙に行く前に知っておきたい基礎知識

小選挙区制? 比例代表制??

今回の記事は選挙シリーズ第4回目ということで、『選挙の方式』について説明していきます。
『小選挙区制』、『比例代表制』、『大選挙区制』があり、分かりづらいですよね?
この記事ではそれらについて簡単にまとめていこうと思います(`・ω・´)”

選挙シリーズの3回目は『衆議院と参議院の違いって何?選挙に行く前に知っておきたい基礎知識』という記事を書いたので、合わせて参考にしてみてください。

“小選挙区制?比例代表制?大選挙区制?選挙に行く前に知っておきたい基礎知識” の続きを読む

衆議院と参議院の違いって何?選挙に行く前に知っておきたい基礎知識

衆議院と参議院の違いってなに?

今回の記事は選挙シリーズ第3回目ということで、『衆議院と参議院の違い』について説明していきます。

選挙シリーズの2回目は『選挙に行く意味はあるの?数十年後の未来のために行くべき』という記事を書いたので、合わせて参考にしてみてください。

“衆議院と参議院の違いって何?選挙に行く前に知っておきたい基礎知識” の続きを読む

消費税増税に僕が反対している理由。国債返して何の意味があるの?

増税して何の意味があるの?

消費税が10%になりそうな流れが止められません。

「日本の景気が良くなるんだったら、仕方がないよね・・・」と思っている人も多いと思うのですが、「消費税が5%から8%になって何か良くなりましたか?」

増税して何かが良くなるのであれば、増税に反対です。
でも、増税して何が良くなるの?っていうのが疑問のまま増税されるのは反対なんですね。

“消費税増税に僕が反対している理由。国債返して何の意味があるの?” の続きを読む

消費税を上げると税収はどれくらい増えるの?本当に社会は良くなるの?

増税したら 誰が幸せになるんですかね

増税が叫ばれている世の中ですが、増税したらどうなるの?社会は良くなるの?

これについてマジメに答えれる人って少ないんじゃないでしょうか。
私は適切なところにお金を使ってくれるのであれば増税は賛成なのですが、「今の政府で本当に適切なところにお金を使うことができるの?」という疑問が絶えないので、基本的に増税には反対の立場になります。

前置きはさておき、増税したらそもそも税収はいくら増えるの?ということについて書いていきたいと思います。

“消費税を上げると税収はどれくらい増えるの?本当に社会は良くなるの?” の続きを読む

地方創生の難しさ。地方の強みをを活かしたらそれがダメになっていく

地方創生の難しさ

地方創生のため地方の強みはどう活かすべきなのか?

今回の記事ではそれについて考えてみたいと思います。

“地方創生の難しさ。地方の強みをを活かしたらそれがダメになっていく” の続きを読む

【2025年問題】少子高齢化で大都市の郊外がやばい理由とは?

郊外の高齢化がやばい!?

少子高齢化問題で、もっとも影響を受けそうな地域って分かります?

「地方の田舎だろ!」と思うかもしれませんが、そうではなかったりするみたいなんですね。
と言うのも、そもそも田舎はすでに高齢者ばかりだからです笑。

じゃあどこだと思いますか?

“【2025年問題】少子高齢化で大都市の郊外がやばい理由とは?” の続きを読む

国民皆保険にもインセンティブが働くようにすべき理由

健康保険にインセンティブを

医療費の圧迫に対して何ができるのだ?っていう答えは、やっぱりインセンティブを導入するしかないという結論にいきついている私なのですが、ある本を読んでその考えがより強固になりました。
読んだ本とは、ホリエモンこと堀江貴文さんと、ひろゆきこと西村博之さんの『やっぱりへんだよね』です。
印象に残ったところをメモしたいと思います。

“国民皆保険にもインセンティブが働くようにすべき理由” の続きを読む

選挙に行く意味はあるの?数十年後の未来のために行くべき

選挙に行く意味

今回の記事は選挙シリーズ第二回目で、『選挙に参加する意味』について書いていきます。
前回の記事では『なぜ選挙は必要なのか?』について書きました。
合わせて参考にしてみてください。

“選挙に行く意味はあるの?数十年後の未来のために行くべき” の続きを読む

GDPの大いなる欠点。本当に大切なものは測ることができない

GDPの欠点

GDPの欠点をご存知でしょうか?

星の王子様で「本当に大切なものは目には見えないんだよ」という有名な言葉がありますが、これと同じようなことがGDPでも言えます。
ということで今回はGDPの欠点について書いていきます。

“GDPの大いなる欠点。本当に大切なものは測ることができない” の続きを読む

ベーシックインカムはニクソン政権の時代に成立していたかもしれない

スピーナムランド制度

ベーシックインカムがアメリカで実現しそうだった事実をご存知でしょうか?

大国アメリカがベーシックインカムを実現させていたら、日本もそちらに向かって舵を切っていたでしょう。
今回の記事もルドガー・ブレグマンさんの『隷属なき道 AIとの競争に勝つベーシックインカムと1日3時間労働』を参考にしています。

“ベーシックインカムはニクソン政権の時代に成立していたかもしれない” の続きを読む