本の感想

本の感想

『確実内定』は就活生なら読んでおきたい一冊だぞー

トイアンナさんの『確実内定』を読みました。これは、 就活生の時に読みたかった本 と思えました。 就活に必要な情報がまとめられています。就活生なら読んで損なしの一冊です。以下では興味深かったところをメモがてら残していきます。
本の感想

『山中伸弥 人体を語る』を読んで

『山中伸弥 人体を語る』を読みました。 山中伸弥先生好きとしてはたまらない一冊です。山中伸弥先生のことを知らなくてもとても面白い本かと。生命のこと・技術への理解のこと・医療と社会のことについて学べますので学生に超おすすめです。 個人的に...
本の感想

『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』を読んで

『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』を読みました。 真面目な人ほど読んでほしい本かなーと思います。この社会が錯覚資産だらけってことに気がつかないと、この社会でなんの力も持てないかと。この本で紹介されている怪しい力...
本の感想

『経団連と増税政治家が壊す本当は世界一の日本経済』を読んで

『経団連と増税政治家が壊す本当は世界一の日本経済』を読みました。 これでもかってくらいに増税を反対する内容でした。同意です。 こういう本を読むと「なぜ?増税に進むのだ・・・」と悲しくなってしまいます。事実と論理ではない、人間関係とお金の...
本の感想

『働き方完全無双』を読んで

『働き方完全無双』を再読しました。 守りを固めつつちょいちょい攻めていく姿勢が大切なのですな。 守り:生活保護の申請方法知っておく 攻め:新しいサービスに乗れるマインドを持つ 高齢者優遇で若者に厳しい社会だからこその知恵...
本の感想

『ニッポン2021−2050』を読んで

『ニッポン2021−2050』を読みました。 猪瀬直樹さんのことをあまり知らなかった私としては、「猪瀬直樹さんってマジですげー人なんや!」と驚かされる本でした。メディアによって東京都知事を下ろされた能力の高いドンマイな人という認識しかなか...
本の感想

『医療現場の行動経済学』を読んで

『医療現場の行動経済学』を読みました。 行動経済学に関する知識がたっぷりと詰め込まれている本でした。それなのに超読みやすい!この本は表紙で損してますな。 誰もが患者になる可能性があるのだからこそ、人間の思考の癖を知っておきたいところ。そ...
本の感想

『才能の正体』を読んで

『才能の正体』を読みました。 ビリギャルの著者の坪田さんの本になります。いい本だと思いました。 「結果というものは後付けによって評価される」というところが胸に響きました。 結果が出る→才能あり 結果が出ない→才能なし ...
本の感想

『食品の裏側』を読んで

『食品の裏側』を再読しました。 この本を読むと「加工食品怖いーーーー」となるかと思います。もちろん加工食品は厚生労働省が認可しているものでして、そこまでの危険性はありません。 が、まだまだ未知な部分が多いのも事実。 複数の食品...
本の感想

『脳を鍛えるには運動しかない!』を読んで

『脳を鍛えるには運動しかない!』を再読しました。 300ページくらいあるので、読むのがなかなか大変な本ですが、人生を変える力がある内容です。超簡単にまとめちゃうと、「運動しよう!メリットしかないから!」という内容です笑。本のタイトルにもも...