生涯にAmazonで使うお金を約5%減らす方法

pket
スポンサーリンク

現代人は生涯の間にAmazonにいくらつぎこむのだろうと考えたら、きっと100万円は軽く超えるんじゃないかと思います。

近所の薬局やホームセンターや家電量販店、さらにはスーパーで買えるもののほとんどが、今やAmazonで買えるし、Amazonのほうが安い商品がたんまりとあるんですね。

ということで、今回はできるだけお得にAmazonを使う方法を紹介します。

生涯に使うAmazon代を約5%減らせるようになるでしょう。

スポンサーリンク

約5%安くAmazonを使う方法

まずは結論から

いきなりですが、結論から申し上げます。

以下の2サイトに登録してください。

この2つのサイトはAmazonギフト券が売買されており、

Amazonギフト券を3~7%ほど安く購入することができます。(登録は無料です)

Amazonギフト券の使い方ですが、Amazonギフト券を購入すると、「コード」がもらえます。

それをAmazonに登録するだけで良いので、超簡単です。1分もかかりません。

僕はAmazonで何か購入しようと思ったら、Pketとアマテンを比較して安いほうでAmazonギフト券を購入しています。

Pketとアマテンの使い方

それではPketとアマテンの使い方を説明します。

このPketもアマテンもチャージ方式をとっています。

先にお金をチャージしておき、そこから使っていく方法です。(1000円からでもOK)

例えば10000円チャージしておいたら、Amazonギフト券の10000円分を9500円くらいで購入することができるのです。

残った500円はまた次の機会にAmazonギフト券の500円分を450円で購入したらよいのです。(少なくなったらまたチャージするの繰り返し)

Amazonで商品を購入する際は、この2つのサイトを使うことで5%ほど安く買えるんですね〜。

これって生涯で考えたらかなりお得ですよ。

ちなみに、

チャージに関してはネットバンクを持っていると便利なので、持ってない方は、

ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行のどれかに登録しておきましょう。

ネットバンクは今の時代必ず持っていた方が良いと思います。

僕のオススメは住信SBIネット銀行です。(他銀行でも月に3回手数料無料で振込ができるから

楽天銀行も結構オススメなので、ネットバンクを1つも持ってない方はどちらか作っておきましょう。(ネットで簡単につくれます。)

 

 

Pketとアマテンに登録した経緯

僕がAmazonを利用し始めて4年くらいですが、Amazonさんにはすでに100万円ほどつぎ込んだんじゃないのかな・・・。

というくらいAmazon好きな僕です。

でもねもっとお得にAmazonを使えないかな〜と調べたら、

Pketにたどり着いたんですね。

実際使ってみると、本当に5%くらい安く使えるんですよ。

もっと早く使っておけばと後悔しました。。。

5万円くらいは他のことに使えたのかぁと考えてみたり・゜・(ノД`)

他にもこんなサイトないかな〜と調べたら、アマテンというサイトを見つけたのです。

今では、Amazonギフト券を購入するときは、この2つのサイトを比較して安い方で買っています。

Amazonギフト券は持っているけど、Amazonを利用しないからギフト券を現金に交換したい人ってこんなにいるんだなぁとありがたく思いながら使わさせてもらってます。

本来なら100万円使うところを、95万円と5万円も安くなります。

1000万円なら、50万円も安くなりますからね。

これからAmazonを利用する人も、利用する額もどんどん増えていくと思うので、早めの登録がよいでしょう。

Amazonギフト券が必要ない人は売ろう

僕みたいにAmazonギフト券が欲しい人もいれば、いらない人もいます。

アマテン

ハピタスを利用し、アマテンで売ると550ポイント(550円分)がもらえるみたいなので、

Amazonギフト券使わない!という方はハピタスを利用して売りましょう。

ハピタスの使い方は過去記事を参考にしてみてください。

現代に生きるなら必ず登録すべき高還元率サイト「ハピタス」と3つのクレジットカード

もちろんヤフオクでも売れますが、手間を考えたらどちらがよいかは人それぞれ。。。

ちなみにヤフオクならモッピーを使いましょうね。それも上記の過去記事で触れています。

まとめ

この2つのサイトに登録して、安い方でAmazonギフト券を購入しましょう。

ギフト券の使い方は超簡単で、ギフト券のコードをAmazonで登録するだけ。(登録にかかる時間20秒くらい)

ギフト券購入の際はネットバンクを持っていると便利なので、

ネットバンクを持ってない方は、住信SBIネット銀行か、楽天銀行がおすすめです。

 

SNSでもご購読できます。