フェデラーがワウリンカに完全勝利!全米オープン2015

ロジャー・フェデラー
スポンサーリンク
全仏の準決勝戦ではフェデラーはワウリンカに敗れてしまいました。
そして全米の準決勝でもフェデラーvsワウリンカのスイス対決が実現しました。
どちらの選手もコンディションは良く、ここまで勝ち上がってきているので大変楽しみな試合となっていました。
 
スポンサーリンク
 

フェデラーvsワウリンカ

ロジャー・フェデラー

photo credit: IMG_4638 via photopin (license)

ワウリンカのサーブから試合は始まりました。
2ゲーム目のフェデラーのサービスゲームでいきなりブレイクポイントをワウリンカに与えてしまいまいたが、ブレイクをしのいで、フェデラーがキープ。
3ゲーム目のワウリンカのサービスゲームでフェデラーがワウリンカにプレッシャーをかけていきました。
もちろんサーブを前で処理してね。
プレッシャーが効いたのか、ワウリンカがミスを多くしてフェデラーがブレイクに成功。
そして第5ゲーム、フェデラーのサービスゲームです。
いきなりワウリンカに0-40とトリプルブレイクチャンスを与えてしまいました。
しかし、そこから6本連続でポイントを得て、素晴らしいキープをしました。
互いにキープが続いて6-4でフェデラーが第1セットを先取しました
 
第2セットは互いにキープが続きましたが、7ゲームでフェデラーがワウリンカのサービスゲームをブレイクしました。
ワウリンカの集中力が切れたのかプレーに雑さが見えます。
これもフェデラーの戦術なのでしょうけど、相手が打って欲しくないところを見極めることができるんでしょうね。
次もワウリンカのサービスゲームをブレイク(しかもラブゲーム)して6-3で第2セットを取りました
 
第3セットの第4ゲームでフェデラーがまたもやブレイクしました。
もはやワウリンカは「勝てない」と思い込んでるようにみえます。
プレーの繊細さがなくなり、ミスが目立つようになっています。
6ゲームもブレイクしてフェエデラーが5-1になりました。
このブレイクは素晴らしいラリーで、フェデラーが打ち勝つことでできました。ワウリンカは心がボロボロになったんじゃないでしょうか。
ストローク戦はワウリンカの方がパワーもあり、優れていると自分自身でもそう思っていたでしょうから。
そしてフェデラーが6-1で勝利しました
 

試合後のインタビュー

フェデラー「素晴らしい大会でまた決勝の舞台に立てることがとても幸せです。ワウリンカ相手にも良い試合ができたのでよかったです。サーブもショットもよいコンディションでできているのがうれしいです。この試合もテニスもツアーも楽しいので34歳だけど、まだあきらめないよ。」
次の対戦相手がジョコビッチという質問に対して、
「ジョコビッチは素晴らしいプレーができているし、チャンスはあまりないかもしれないけど、チャレンジして頑張るよ!」
 
 

まとめ

フェデラーがワウリンカに6-4, 6-3,6-1で勝利しました。

フェデラーが全米の決勝戦まですべてストレート勝ちをおさめています。

次の対戦相手はジョコビッチです!

ウィンブルドンでは決勝戦で負けていますが、全米の前哨戦ではジョコビッチを制して優勝しています。

どうなるかわからない試合ですが、素晴らしい決勝戦になること間違いなしでしょう!!

 

SNSでもご購読できます。