【Google以外どこができるの?】完全自動運転車の断念

google 自動車開発断念
スポンサーリンク

本日も「Gallagher Note」をお読みいただきありがとうございます。
こんにちは、福山です。

完全自動運転の車っていつ頃できるのかなぁ〜とぼんやり期待していたのですが、なんとGoogleさんが自動運転車の開発に断念したとか・・・。

おいおい、Google以外のどこができるようになるんだよ・・・。

スポンサーリンク

リンク→Google: 完全自動運転型の自動運転車の開発を事実上の断念

運転席のない完全自動運転型の自動運転車については、今月に入ってから米国の自動車産業の中核拠点となっているミシガン州が初の法制化に踏み切り、運転席のない完全自動運転型の自動運転車の公道走行試験が近く、可能となる予定となっている。

しかし、ミシガン州の自動運転車法では、運転席のない完全自動運転型の自動運転車の公道走行試験を申請可能なのは、自動車メーカーに限定しており、自動車メーカーではないGoogleは、いくら開発を進めても完全自動運転型の自動運転車の走行試験は、現状の法制下では公道試験はできない状態に置かれている。

なるほど、技術的な面というよりは、制度的な問題なのですね。

まさか行政が邪魔してくるとはね・・・。なにやら人類の進歩を阻害しているように僕には見えますが。まぁこれって利権がらみなのかな?てかそうだよね。

自動車業界からしたら、Googleが車を作り始めたら超怖いもんね。

Googleの今後の方針としては

  • 自動車企業を買収して、公道走行試験をOKにしちゃう
  • 完全自動ではなく、アシスト的なものにする

の、どちらかなのかな。

車の運転がめんどくさい僕としては、早いところ完全自動の車ができてほしいのですが・・・Googleさんにとっても期待してたのに・゜・(ノД`)まぁ完全自動化ってのはGoogleさんがやってたって、数十年先の話だったでしょうがね。

ってことで、トヨタには超チャンスが舞い込んできましたね〜。日本の車メーカーが世界を取りに行くチャンスです。

ハード面では超優秀な日本車企業たちがどうするのか今後楽しみですね〜。

まずはどこまで運転のアシストをしてくれるようになるのか気になりますよね。

  • 自動ブレーキ
  • 自動駐車
  • 急発進の自動制御

とりあえずこの3点くらいが楽しみだなぁ。高齢者の車の事故が相次いでいますからねぇ。おじいちゃん・おばあちゃんに「車の運転気をつけてね!」って言っても、効果が薄いですからね。だって、気をつけろと言われても、そもそも加齢によって判断力が鈍っているのですから、難しいです。

そうなると、車メーカー側がどうにかするしかありません。車メーカーで働いてる皆さん応援してます!!(`・ω・´)”

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*