アマゾンビデオで『シンゴジラ』を観て・・・今までのゴジラと違いすぎぃ

スポンサーリンク

話題作品であった『シンゴジラ』をようやく観ました。(アマゾン春のキャンペーンで200円引きのクーポン券が届いてたから)

個人的には微妙だなと思った作品で、子供の時に見たゴジラを想像している人にとってはあまり面白いものではないなぁと思います。

スポンサーリンク

内容がてんこ盛り

この映画で感じたことと、様々な要素を取り入れていることです。
例えば日本の政治に対するグダグダ感、官僚の行動、アメリカと日本の関係性、核爆弾、放射能、など、今の日本が抱えている問題が描かれていたと思います。

だから博学であればあるほど面白い、英語で言うならばfunnyではなくinteresting的な面白さがあると思います。
しかし、今まで通りのようなゴジラという怪獣映画を見たい人にとっては、ナンダカ小難しい話で、「あんまりおもしろくない」というかつまらないと感じるはずです。

映像が綺麗

映像的にはすごくきれいでゴジラかっこいいというよりは、なんだかもの悲しさを感じる美しさ的なものを感じました。(背びれが紫色に光る時は鳥肌が立ちました)

子どもにはオススメできない

この映画は子供にはおすすめできません。それと会議がだらだらだらだらと続くような人間の動きを見るのが苦手なヒトにもおすすめできません。
ですが映画の完成度としては非常に高いものがあると思います。

ネットなどの感想をチラッと観てみると、「エヴァンゲリオン」が好きな人にとってはいい感じの映画らしいです。そもそも監督がエヴァンゲリオンの映画を作った監督だそうです。
エヴァンゲリオンそこまで熱くなれない私としては、やっぱり共感できない点が多いのかもしれませんね。エヴァンゲリオン好きな人は観てみるといいと思いますよ〜。

Amazonの評価を見ると超高いので、みんな面白いと感じてるんだなぁ〜。

コメントを残す