ひろゆきさんの『無敵の思考』を読んで

無敵の思考
スポンサーリンク

2chを作った人で有名なひろゆきさんの『無敵の思考』を読みました。
やっぱり独特な考えだなーと思いつつ、「この人賢いわー!」と見習いたい論理的思考力がたっぷりと詰まった本でした。

忘れる前に備忘録的に記事に残します。

スポンサーリンク

無敵の思考で気になったところ

この本を通じて、ひろゆきさんが(たぶん)伝えたいところは、「ただただ消費する生き方をやめようぜ!」ってなことだと思います。

これはすごく僕も共感するところで、消費社会に身を投じている限り幸せにはなれないんですよね。
これからの社会の大前提として、

  • 日本の経済成長率は低下したまま
  • 給料はそんなに上がらない
  • 少子高齢化で市場が縮小
  • 医療の発達で寿命は延びる
  • 社会保障制度は破綻寸前
  • 支払う税金はアップし、もらえるものは減っていく

ということが挙げられます。

AIとかロボットか超進化したら、これらの懸念材料を吹っ飛ばしてくれるかもですが、まぁ普通に考えたらそんなことはないです笑。

だからそんな時代を生きるためにはどうしていくべきか?をひろゆきさんはこの本で伝えたかったのだと思います。

論理的思考を鍛えて論理の飛躍をできるように!

AIとかロボットに職業を奪われるのは、いろいろな学者が言ってることになります。
だからこそ、AIやロボットにない能力が必要になるわけですが、それは論理的思考を身につけることで得られます。

「え?論理的思考ってAIやロボットの得意分野じゃないの?」と思われるでしょうが、それはある特定の条件が整った時なのです。

  • 囲碁や将棋などのルールが決まっているもの

この場合であればAIやロボットは人間を余裕で超える力を持っています。
でも、世の中のことってルールが厳格に決まっているものばかりじゃないですよね?

「風が吹けば桶屋が儲かる」みたいに、直接的に関係がなさそうだけど、結果として関係していることを飛躍して予想できる能力が、人間にはあるということです。

「なんとなくこうじゃない?」的な直感力が重要だってことですね。
ただし、その直感力は適当な推察ではありません。

仮説を立て、論理立てを幾度となく経験した人が身につけれるものが『直感力』になります。
将棋の羽生さんが『直感力』というものを出していたので、それを読んでみるとより分かりやすいと思います(`・ω・´)”

スポンサーリンク

クリエーターになるべき

幸せかどうかは、消費者のままかクリエーターになるか、ということでも分かれると僕は思っています。

ひろゆきさんのこの意見には僕も完全同意です。
全ての人がクリエーターになるべきなんですね。

クリエーターって聞くとすごく難しそうに聞こえますが、全然そんなことないです。

  • パソコンが得意な人はアプリを作ってみる
  • 絵が得意な人は絵を描いて、ネット上にアップしてみる
  • 歌が好きな人は、ユーチューブにアップしてみる
  • カメラが好きな人は写真をネットにアップしてみる

などなど、クリエーターになることは誰でもができます。

クリエーターにならないまま、ずっと消費者の立場を取り続けるということは「ものを買って嬉しい!」ということなので、永遠に消費し続ける人生になってしまいます。
モノを買うために働き、給料を増やすために働く時間を長くし・・・と、まぁそういうことが好きな人はそれでいいと思いますが、ほとんどの人はそれってきついと思うんです。

だから「何かを作ることは超楽しい!」というクリエーターマインドにしておけば、幸福度は上がりやすいよってことです。

就職しなくてよかったこと

この本を読んで一番興味深かったことを書きます。
ひろゆきさんは就職しなくて得したと言っています。

なぜかというと、

優秀なエリートの中で切磋琢磨をしなかった

からです。

ちょっと分かりにくいですよね?
普通、優秀な人は一流の大学を出て、一流の企業に入ります。

そんな一流企業でガンガン頑張る人は、社会に揉まれどんどんと面白さの角が取れていくとひろゆきさんは言います。
だからこそ、そこまで優秀ではないけど、おもしろさを残していたひろゆきさんは社会の中でも上の方のポジションになれたと言うのです。

なかなか面白い考え方ですよね。
つまりは『社会人に染まらなかった』ということでしょうね。

幸福への分かれ道

格差社会が広がっていくと予想されていますので、当然ながらお金を持つ少数の人と、お金のない多数の人に分かれます。
だから、

  • スキルを身につけてお金を稼いで幸せを目指すか
  • お金がなくても工夫して幸せを目指すか

のどちらかに分かれていくと、ひろゆきさんは言います。
でもやっぱりほとんどの人はお金がない側に回ってしまうので、お金がなくても工夫して幸せを目指す方がいいんじゃないの?って話ですね。

それとスキルを身につけるということですが、これからの時代に必要なスキルってなんだと思いますか?
1つは論理的思考の向こう側にある『論理を飛躍させる能力(直感力)』でしょうが、ほかには何があるでしょう?

スキルを手に入れるときに大事なのは、スキルそのものよりも、そのスキルを手に入れる能力の方です。

ひろゆきさんの言う通り、スキルを手に入れるためのスキルが重要なのです。
ライフシフトでリンダ・グラットンさんも言ってるように、これからは『常に学び続ける時代』になります。

というのも、時代によって求められるスキルは変わっていくのですが、これからの時代は1つのスキルが通用する期間が短くなっていくからです。
だからこそ時代にあったスキルをいつでも手に入れるように、学び続ける姿勢が大切なんですね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?
この記事では『ひろゆきさんの無敵の思考』について書いてきました。

いかに少ないお金で人生を楽しくできるか?
ひろゆきさんはそんな考え方ができる人を増やしたいんだなぁと僕は解釈しています。

ベーシックインカムが導入されることを見越した考えなのでしょうが、これからはとっても必要な考えだと僕は思います。
ということで、気になった方は、どうぞこの本を手に取ってみてください(`・ω・´)”

サクっと読めるので、本が苦手な人にもオススメです〜。

こちらの記事もどうぞ

1.アマゾンプライムがお得すぎる→【最新版】超お得なプライム会員11のメリット!デメリットあるの?


2.僕が使ってるクレジットカードとポイント還元サイト→毎日のお買い物がちょっとお得になるクレジットカードとポイント還元サイト


3.スマホ代に月々8000円はもったいないです。他のことに使いましょ!→本を買うお金がない?ちゃんと格安SIMにしてスマホ代削ってる?


4.人生の糧になったもの→オススメの本・漫画・映画・音楽・ガジェットなど


メルマガも始めたので、僕と絡みたい方はぜひご登録を!


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*