Macのデフォルトアプリを変更する方法

Macのデフォルトアプリを変更する方法 雑記
スポンサーリンク

「Macのデフォルトアプリを変えたい!」と思ったことはありませんか?

私はiTunesのデフォルト設定をQuick Time Playerに変更したいと思っていました。というのも、Youtubeでダウンロードした音声ファイルを、勝手にiTunesで再生されるのに腹が立っていたのです。(Quick Time Playerは倍速再生できるのに、iTtunesではできない)

ということで、今回の記事は『Macのデフォルトアプリの変更』についてになります。

スポンサーリンク

情報を見る→このアプリケーションで開く

macのデフォルトアプリの変更

目的のファイルを右クリックし、『情報を見る』をクリックします。

macのデフォルトアプリの変更

情報のウインドウが開くので、『このアプリケーションで開く』で、使いたいアプリを選択してください。
そして同一のファイル形式はすべて同じアプリで開きたい場合は『すべてを変更』を選びます。(私の場合はmp3ファイルの場合はiTunesからQuick Time Playerに変更しました)

これでデフォルトアプリの変更ができました。
「あれ、なんか違うな?やっぱり不便だな」と感じた場合は、同様の操作で元に戻してくださいね(=゚ω゚)ノ

余談ですが、音声ファイルを倍速で聴きたい場合はQuic Time Playerが便利ですよ〜!iTunesで聞こうと思ったら、オーディオブックに変更して、iPhoneなどの端末で聞くしかありませんからね・゜・(ノД`)

iTunesで『倍速可能』の設定がされたら最高なんですけどねぇ〜。

コメント