平均年収ランキング2018『高い年収がもらえるということは?』

スポンサーリンク

平均年収のランキングがプレジデントオンラインで発表されていました。

平均年収が高い"トップ500社"ランキング 1位は1089万円増で平均2994万円
プレジデントオンラインは全上場企業の「平均年収ランキング(2018年版)」を作成した。平均年収が1000万円を超える企業は87社で、昨年から12社増えた。ランキングの1位は2994万円のM&Aキャピタルパートナーズで、昨年より1089万円もアップした。一方、昨年1位だったGCAは580万円ダウンで7位、昨年7位だったフ...

ぱっと見、テレビ系が下がってるなーという感じ。そりゃそうですよね。散々言われていましたもんね。

 

さてさて、高い年収を目指す事はサラリーマンにとって一番の目標かもしれません。でも、これは知っておいて欲しいなーということがあります。

高い給料がもらえるよいうことは?>

スーパーエリートサラリーマンでない限り、給料は労働の再生産コストとして決まります。ということは・・・?分からない方は上のリンク先の記事を読んでみてください。

コメント