iPhoneのSafariにiCloudキーチェーンを連携させパスワードを自動入力させる方法

iCloudキーチェーン設定
スポンサーリンク

本日も「Gallagher Note」をお読みいただきありがとうございます。
こんにちは、福山です。

MacでSafariを使ってたら自動的にパスワード入力できるのに、iPhoneのサファリでは自動でパスワードが入力されない・・・iCloudでパスワード入力が楽になるんじゃないのかよ!とガッカリされた方はいないでしょうか?

もちろんiPhoneのSafariでも自動入力できます。ただし、iCloudキーチェーンの設定をしておかないと自動入力されないんですよね。ということで今回の記事では、iPhoneとMacのパスワードを連携させるiCloudキーチェーンの設定方法をご紹介します。

スポンサーリンク

そもそもiCloudキーチェーンって?

iCloudキーチェーンはウェブサイトやアプリなんかで要求されるログインIDとパスワードをデバイス間で共有して、自動で入力する機能になります。

Macで開いていたパスワード入力が必要なサイトを、iPhoneでもサクっと開けるのがこの機能の素晴らしいところ。いちいちログインIDやパスワードなんて覚えてらんないですよね。

iPhoneでiCloudキーチェーンの設定

それでは早速iPhoneでiCloudキーチェーンを設定していきましょう。

iCloudキーチェーン設定

「設定」→「iCloud」をタップします。

iCloudキーチェーン設定

「キーチェン」をタップしてオンにします。今まで設定したことがないと、iCloudのセキュリティコードの作成と電話番号の登録をする必要があります。指示通り設定してください。

設定し終えたら、

iCloudキーチェーン設定

「設定」→「Safari」をタップします。

iCloudキーチェーン設定

「自動入力」をタップします。

iCloudキーチェーン設定

「ユーザー名とパスワード」をオンにします。これで設定完了です。iPhoneのSafariでもパスワードの自動入力ができるようになりました。

 iCloudキーチェーン設定

IDとパスワードが必要なサイトに行き、IDをタップすると「パスワード」というものが出てくるので、それをタップするとIDとパスワードが自動で入力されます。めちゃめちゃ便利です(*°∀°)=3

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”u1.jpg” name=“高知県出身の龍馬さん”] 便利ぜよ!なんで今まで設定してなかったんだー・・・。[/speech_bubble]

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*