今までやってた一本締めは間違ってた!?それは『一丁時め』だった・・・

一本締めと一丁締めの違い
スポンサーリンク

宴会などの終わりに

「それでは最後に一本締めで締めたいと思います。皆様お手を拝借、いよーお、パン!」

と、最後の締めの掛け声として、よく聞いたことのあるものだと思いますが、これ実を言うと間違ってるんです!

じゃあ普段一本締めとして使っているものはなんなんだ!?

この記事を読むと、その謎がすっきりと解決します。

スポンサーリンク

一本締めと一丁締めの違い

僕たちが普段『一本締め』として使っているものは、正確に言うと『一丁締め』と言います。

じゃあ正式な一本締めはと言うと、

「いよーお、パパパン、パパパン、パパパン、パン」

これを『三本締め』だと思っていた人の多いのではないでしょうか。(僕は完全にそう思っていました笑)

でもこれが本来の一本締めなんですね。

一本締めの意味

ちなみに、この一本締めの意味を調べてみたところ「なるほど!」と思える意味がありました。

一本締めでは手を10回叩くと思いますが、この『10』に意味があるのです。

まず手を「パパパン、パパパン、パパパン」と9回叩きますが、9を漢字で書くと「九」になります。ここに最後の「パン」1回、つまり1を足すことで、「丸」という漢字が出来上がります。

丸には「丸くおさまる」という意味が込められているので、宴会などが丸く収まったことへの感謝の意味を込めて、最後に一本締めを行うような風習ができたのです。

一本締めと一丁締めの使いかたの違い

一丁締めは一本締めを簡略化したものですので、内輪の会の締めで使うのに適しているようです。

逆に言えば、内輪以外のある程度フォ-マルな場では、一丁締め手はなく一本締めが適しています。

三本締めとは?

「いよーお、パパパン、パパパン、パパパン、パン」
「よっ!パパン、パパパン、パパパン、パン」
「もう一丁!パパパン、パパパン、パパパン、パン」

というのが三本締めですが、使い方としては、一本締めのさらに上位なフォ-マルなところで使います。(ここまでくると、庶民の僕が一生使うことがなさそうです)

例えば、舞台などの終演時に役者さんが使ったりするようです。

この三本締めが正式な手締めだそうです。

そもそも手締めって?

「手打ちによって締める」というのが「手締め」の語源で、関西では「手打ち」とも表現します。

手締めは、物事が無事に終わったことを関係者が祝うもので、主催者が音頭を取ります。だから来賓に手締めをお願いすることはしませんし、もしお願いされたとしても断るのがマナ-なんですね。

まとめ

  • 一本締めを一丁締めと常識を勘違いしている
  • くれぐれも「部長、それ一本締めじゃなくて一丁締めっすよ」なんて空気を読まない発言はしないように

「へ〜」と思ったら
「いいね!」お願いします

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

運営者:福山和寿

犬好きのアラサー男子。

モットーはだらけきった正義。
趣味はまったり読書、そわそわテニス観戦、適度な筋トレ。
将来の子どもたちのために何かできることはないかと模索中です。

サイトの内容を分けることにして、子どもの教育に関するサイトと、健康に関するサイトを新しく作りました。

 

記事によって「である調」や「ですます調」になっていますが、気分によって使い分けているだけなので、あまり気にせず読んでいただければと思います。

 

特定商取引に関する表示

コメントを残す

*