映画『草原の実験』がすごい!言葉なしでも映像美で90分見続けれました

映画『草原の実験』がすごい!言葉なしでも映像美で90分見続けれました 映画の感想
スポンサーリンク

美しい・・・

圧倒的に美しい映画を観てしましまた。

僻地にポツンと暮らす少女と父親、そして少女に恋する二人の男がメインの登場人物。それだけでおもろいの?って話ですが、まだまだこんなもんじゃありません。

この映画、言葉がないんです。

登場人物少なく、アクション無し、言葉無しの90分。しかし、私は90分間惹きつけられていました。この映画すごいですよ。

スポンサーリンク

あらすじをアマゾンより引用します。

その少女は、大草原にポツンと建つ小さな家で父親と暮らしていた。家の前には家族を見守る一本の樹。
毎朝、どこかへと働きにでかける父親を見送ってはその帰りを待つ少女。
壁に世界地図が貼られた部屋でスクラップブックを眺め、遠い世界へ思いを馳せながらも、
繰り返される穏やかな生活に、ささやかな幸せを感じていた。
幼なじみの少年が少女に想いを寄せている。どこからかやってきた青い瞳の少年もまた、美しい彼女に恋をする。
3人のほのかな三角関係。そんな静かな日々に突如、暗い影がさしてくる……。

言葉がないからこそ、想像力が働きます。

なぜ僻地に娘と父親で住んでいるのか?

そもそも父親なのか?

そこでいったい何をしているのか?

最後まで良くわからないのですが、映像の美しさ、そして最後の衝撃さに私の心は震えました。たぶん観る人を選ぶ映画です。

この映画がなぜ素晴らしいのか?

大きな要因に主役の少女が美しすぎるからってのがありますね。韓国人とロシア人のハーフ、エレーナ・アンさんが美しすぎるのです。

大人の女性でもなく、少女でもない。儚さという言葉がまさにぴったりするようないい味を出しています。映画を観たらたぶんエレーナさんの表情に見惚れるんじゃないですかね。

あの表情は出せないですよ。

【比較】オススメの動画配信サービスはどれだ!?コスパならU-NEXTが一番

コメント